「もう絵は描かない」【もう絵を描きたくなくなる理由と対策法12選】

こんにちは、アナログとデジタル両方で描く絵描きのpppaintです。

皆さんは、「もう絵を描きたくない」「もう絵は描かない」と思ったことはありますか?

わたしも、ふたたび絵を描き始めて、上手く描けなかったときは、「もう絵を描きたくない」「もう絵は描かない」に近い気持ちはあったかも知れません。

 

今でも、気が進まないというときはあります。

なんでもそうですが、上達するには、続ける必要あります。絵も上達するには、絵を描き続ける必要があります。

しかし、上達するまえに、「もう絵は描かない!」と思われる方もいます。

なかには、絵が上手いのに、「もう絵は描かない!」と言う方もいるようです。

 

ということで今回の記事のテーマは、「もう絵は描かない!もう絵を描きたくなくなる理由、対策法」についてお話して行こうと思います。

では記事のテーマに入ります。

・もう絵は描かない ①もう絵を描きたくなくなる理由とは?

・絵を思い通りに描けないから

技術不足で絵を思い通りに、描きたい絵が描けないからです。上手い絵が描けなくて、下手な絵しか描けないからです。

 

・SNS等で絵がいいね、評価されないから

SNS等で絵がいいね、評価されないから、もう絵は描かないと思うんだと思います。

それは、SNS等に投稿してアップしても反応がない、いいねされないので、SNS等にアップするのが嫌になったからです。

 

他には、フォロワーのアンフォロー、凍結が多くて、SNS等にアップするのが嫌になったから、

他の投稿サイトと違いtwitter、Instagramなら凍結は日常茶飯事、自分もいつ凍結されるかわからないですしね。

 

・モチベーションの低下

もう絵を描かないと思うのは、SNS等で絵がいいね、評価されない、反応がない、

フォロワーのアンフォロー、凍結が多くていやになったという、絵を描くモチベーションの低下があるでしょう。

 

また、飽きっぽい人、絵への情熱が弱い人、もともとそんなに絵が好きでもない人は、単純に絵を描き飽きたんだと思います。

同じ構図等で描き続けてきて、マンネリで描き飽きたというのもあるかも知れませんね。

 

それと、絵をずっと描いてきて、もう描きたい絵がないから、あるいは、ずっと絵を描いてきてなくても、描きたい絵がないからですね。

また、そもそもそんなに絵が好きでもない人は、割りかし簡単にもう絵は描かないと、絵を描くことをあきらめてしまいます。

 

このように、もう絵は描かないと思う理由は、様々ですが、

大きく分けて、絵の技術的な問題と、自己の内面と、自分ではどうしようもない外的問題によるものでした。

・もう絵は描かない ②そもそも無理して絵を描く必要があるのか?

・趣味で描いてるなら、そもそも無理して絵を描く必要はない

仕事で描いてるわけではないなら、趣味で描いてるのなら、そもそも無理して絵を描く必要はないですよ。

でも絵が好きで絵を描くことを、趣味にしてるなら続けたら、いいことがある可能性もあるとは思いますよ。

そもそも、仕事でどうしても描かなきゃいけない場合でないなら、自分を追い詰めて、無理して描かなきゃと、思う必要はないとは思いますよ。

好きで続けられるのが何よりですから。でももう絵は描かないはもったいないです。

・もう絵は描かない ③絵が上手いなら、絵が上手くなくても描き続けてたら…

・絵が上手くなくても、描き続けてたら…

絵が上手くなくても、描き続けてたら何かいいことがある可能性があるので、

描き続ける方がいい、描き続けてたら(上手くなくても)、絵は徐々に上手くなるし、そこから急に上手くなる可能性もあるから。

 

・絵が好きなら、描き続ける方がいい

絵が好きなら、描き続ける方がいいですが、絵が好きでも上手く描けないなどで、描くのがいやになることもあるからそう言うときは、

無理して描かなくてもいいです、いやになったら描かないというスタンスもありです。

 

また、絵を描くのが上手いなら、もう絵を描かないのは、本当にもったいない、宝の持ち腐れなので描き続ける方がいいです。

絵が上手いので褒められたり、絵が上手ければ、絵を販売することもできるので描き続けるべきです。

絵が上手いなら、人に褒められますし、絵を人にプレゼントすること、だけでなく販売することもできます。

絵が上手くなくても描き続けてたら、画力が徐々にあがってきます。なので、もう絵は描かないは本当にもったいないですね。

・もう絵は描かない ④もう絵は描きたくないの対策法

・描きたくないなら、描かなくてもいい

描きたくないなら、描かなくてもいい、描かないのもあり、また描きたくなったら描けばいい、そういう考え方もありです。

一度絵から離れて、一時的に描くのをやめて気持ちをリセットするとまた絵を描くときに、多少新鮮な気分で絵を描けます。

 

描きたい時に、描きたくなったら描く、ぐらいの気持ちでいいと思いますよ。

たまには絵以外のことをして気晴らしするのも必要かと思います。

 

『絵を描くのが虚しい』ことに関してはこちら

 

絵の初心者で技術不足のうちから、絵を思い通りに描こうと、描きたい絵を描こうとせずに、いま描ける絵を描く、

技術不足で絵を思い通り、描きたい絵を描けないので、描ける絵から描いて技術を少しずつ向上させるといいですよ。

 

・評価のために、絵を描かない

絵の受け、評価のために、絵を描き疲れたなら、そのために、絵を描かないようにするといいです。描きたい絵を描く、描ける絵を描くといいですよ。

いいねされない、あまりいいねされないからと言って、絵の素人の評価を気にし過ぎないのも必要かと思いますよ。

SNS等にアップ、いいねのために、絵を描かないといいです。自分のために、自分の描きたい絵を描く、いま描ける絵を描くといいですよ。

 

SNS等で絵がいいね、評価されない、反応がない、フォロワーのアンフォロー、凍結が多くていやになったなら、

考えを変えて、SNS等のいいね、評価、反応目的で描くのやめて、繰り返しになりますが、自分のために絵を描いてみたらいいのではないでしょうか。

 

『頑張って描いたのに絵が評価されない』に関してはこちら

 

・マンネリで描き飽きないようにする

マンネリで描き飽きないように、色々な構図や画材で描いて見るといいですよ。例えば、アナログだけで描いてるなら、デジタルでも描いてみたり、

デジタルだけで描いてなら、アナログでも描いてみたりするんです。

そうするればいつもの画材にも新鮮さがでてきますよ。単純にいつもと違う画材で気晴らしにもなりますよ。

 

・描きたい絵を見つける

描きたい絵がないなら、描きたい絵を見つけるといいです。

いままで描いてきたものとは、少し違った絵を描いてみるといいのではないかと思います。

 

『描く絵』に関してはこちら

 

わたしは、デジタルでもアナログでも描くようにしてます。どれか自分にあった方法を試してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「もう絵は描かない!もう絵を描きたくなくなる理由、対策法」についてお話してきました。

もう絵を描きたくなくなる理由は、人それぞれ、あると思います。

わたしも似たようなことは、あったかも知れません。

まとめると

まとめ

・もう絵は描きたくないの対策法

・描きたくないなら、描かなくてもいい

・一度絵から離れる

・描きたくなったら描く

・他のことをして気晴らしする

・絵の初心者のうちから、絵を思い通りに描こうとせずに、いま描ける絵を描く

・評価のために、絵を描かない

 

・絵の素人の評価を気にしない

・SNS等にアップ、いいねのために、絵を描かない

・考えを変えてモチベーションを上げる

・マンネリで描き飽きないようにする

・描きたい絵を見つける

・他の絵を描いて見る

という感じです。

この記事が、「もう絵は描かない!」と思う方の一助になれれば、幸いです。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう!

おすすめの記事