『頑張って描いたのに絵が評価されない!』【でもよく考えて見て!】

こんにちは、アナログとデジタルのどちらででも絵を描く絵描きpppaintです。

この記事を見てる人は、絵やイラストを描いてる人が多いと思いますが、絵やイラストを描いてると誰かに見せたいという欲求がでてくると思います。

 

絵を描いてるなら、いまの時代なら自分の描いた絵を簡単に誰でもネットにアップできるのでアップしてる方がたくさんいると思いますが、

アップした絵を見られる欲求だけでなく、承認欲求もでてくるのが人の常です。

t○○t○○○ならいいねされたい、リツイートされたい、コメントされたいという欲求があると思います。特にいいねの承認欲求が強いと思います。

 

なので今回の記事のテーマは、『頑張って描いたのに絵が評価されない』についてお話して行こうと思います。

それでは、今回のテーマに入ります。

・頑張って描いたのに ①t○○t○○○、pi○i○等でのいいねはあまりあてにならない

t○○t○○○、pi○i○等でのいいねはあまりあてにならない、特に漫画やアニメ絵の萌え絵を求める絵の素人のいいね(すべてのひとがのそうでははいですが)を、

いいね=評価として捉えて見ても、本当の絵の価値や評価は見えてこないかも知れないです。

 

日本のpi○i○も、ほとんどが漫画やアニメ絵です。むかしからあるいわゆる漫画、アニメ絵の萌え絵が多いです。

そういった漫画、アニメ絵の萌え絵が特にランキング上位にずっとむかしから変わらず入っているんです(そうではない絵もありますが)。

日本だからしかたないですよね。

 

西洋絵画で言えば神話画、宗教画など色々ありますが、女性画で言えば、ずっと絵の題材、テーマのひとつが、ヴィーナスだったのでした。

漫画やアニメ絵の萌え絵よりはるかに長い期間数百年にわたり描かれてきた題材、テーマがヴィーナスでした。

 

現在に至るまで現在も描かれ続けてる題材、テーマでもあります。

まあ絵画と漫画やアニメ絵の萌え絵を比べてみてもしかたないですが。

・頑張って描いたのに ②他人のいいね=絵の評価?は自分ではコントロールできない!

時間を掛けて描いた絵より、短時間でさらりと描いた絵の方がいいねされることもよくあります。

好みの違いは、考え方などによってできると思います。

 

絵でもそれなりに絵が上手くなってくると、人それぞれ絵の個性、オリジナリティがでてきますし、

個性、オリジナリティの違いは、考え方などの違いによります。

好みの違いは、基本的に変えようがありません。

 

よくある漫画やアニメ絵の流行り絵、漫画やアニメ絵の萌え絵は没個性、没オリジナリティではありますがいいねはされ易いでしょう。

みんなが似たようなものを求めてるからですね。

・頑張って描いたのに ③絵が評価されなくても

・絵の素人のいいね=評価?を気にしても…

漫画やアニメ絵の萌え絵を求める絵の素人のいいねを、いいね=(本当の)評価として捉えて見てもしかたないのであまり気にしないことです。

すべての人がそういうのを求めているわけではありませんが。

 

t○○t○○○、pi○i○は、絵の本当の価値を評価する場所、サイトではないのかも知れないです。特にpi○i○でのほとんどは、

漫画やアニメ絵の流行り絵、流行りの萌え絵(ずっとむかしから萌え絵はあるけど)が多いです。

ずっと何年周期でサイクルしてるんですね。

 

他の大勢のオタクと同じことをして漫画、アニメ絵の流行り絵、流行りの萌え絵を描くのは、

つまらないというか、みんなと同じことをしてて個性、オリジナリティがあまりないですけどね。

 

漫画やアニメ絵の流行り絵、流行りの萌え絵では、場合よっては、ちょっとか、かなり癖のある、漫画やアニメ絵風の顔や人体表現になることもあります。

アナログでほとんど絵を描いたことがなくて、いきなりデジタルで絵を描いてるなんて方も最近ではいます。

漫画、アニメ絵ばかりで、漫画、アニメ絵しか絵を描かないなんて人には大勢いますよ。

 

・絵画的な考え方なら、基本的に大衆迎合で絵を描いてもしかたない…

絵画的な考え方なら、基本的に大衆迎合で絵を描いてもしかたないですし、大衆は常に間違うというくらいですからね。

でも絵画でも売るためには、大衆に受け入れられ易い、理解され易い絵を描く必要があります。

絵でも絵画でなく、イラストの大衆迎合的な絵だと、漫画、アニメ絵の流行り絵、流行りの萌え絵でしょう。

 

イラストではこれらが大衆に受け入れられ易い、理解され易い絵(イラスト)なのでしょう。

特に日本の場合はです。日本の漫画、アニメ絵は世界的にも人気があります。

 

描きたい絵を見られるために、大衆迎合で絵を描いてみて(描きつつも)、

あとは基本的に自分の描きたい絵を、オリジナルの絵を描くのもありだとは思いますよ。

自分の描きたい絵が大衆迎合的な絵なら、この考えは必要ないですが。

 

わたしはイラスト(特にリアル系)も好きですが、絵画も好きで、絵画のfine artの純粋芸術的な考えの方が好きです。

基本的に大衆迎合で絵を描かないfine artの方が考え方は好きです。

 

fine artとは、創造的芸術、その作品が想像力や美的、また知的な内容によって評価される視覚芸術を言います。

ですが、fine artは独りよがりで独善的になりがちです。イラストと違って現代美術のfine artは絵の素人には、わかりづらくなってます。

ちょっとくらいイラストにもfine art的な考え方があってもいいと思いますよ。

 

日本のイラストは特に大衆迎合的なのかも知れませんね。漫画、アニメ絵の流行り絵、流行りの萌え絵が多いです。

日本の場合は特に、漫画、アニメ絵が多くてリアル絵はほとんどありません。日本のサイトのpi○i○は漫画、アニメ絵がほとんどです。

 

カナダのサイトのartstationは海外のサイトなのでリアルな絵、イラストが多いですから、

pi○i○に慣れて、リアルな絵をあまり見てない人には、新鮮だろうと思います。

リアルな絵なので、デッサン力が高いです(特にartstationのtrendingは)。

 

もちろんlatest(最新の投稿)は、下手な絵が、多いですが。これは、t○○t○○○、pi○i○でも基本的に同じです。

日本と海外の違いは、クリエイター本位を中心に考えるのが海外のようですが、日本の場合は、ちょっと違うようですね。

 

・時間を掛けて描いた絵より…

時間を掛けて背景も描いた絵より、短時間でさらりと描いた絵の方がいいねされることもあって、

他人の感情=いいねは自分ではコントロールできないのであまり気にしないことです。

 

・どうしてもいいねされたいなら、絵を続けてアップし続ける

t○○t○○○、pi○i○等でのいいねは絵の素人のいいねも多くてあてにならないですが、

それでもどうしてもいいねされたいなら、最初のうちは絵が見られなくても、絵を続けてアップし続けるといいです。

t○○t○○○の場合では、特に最初のうちは、毎日続けて絵を10日くらい続けてアップし続けることです。

そのあともなるべく毎日にアップするつもりで、まめに日をまたぎ過ぎずに、アップし続けることです。

他のSNS等でも、特に最初のうちは同じように毎日続けて絵をアップし続けることが前提です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、『頑張って描いたのに絵が見られない』についてお話ししてきました。

むかしは、ネットがなかったので、自分の描いた絵を見せられなかったし、見ることもできなかったです。

ですが、いまはネットで簡単に自分の描いた絵をネットにアップして世界中の人に見てもらえるようになりました。

 

今回の記事のテーマのポイントをまとめると

・t○○t○○○、pi○i○等でのいいねはあてにならない

・時間を掛けて描いた絵より、短時間でさらりと描いた絵の方がいいねされても気にしない

・他人のいいね=絵の評価?は自分ではコントロールできないから、気にしてもしかたない

・絵の素人のいいね=評価?を気にしても…しかたない

・基本的に大衆迎合で絵を描いても、しかたない…

・どうしてもいいねされたいなら、絵をアップし続ける

という感じです。

『頑張って描いたのに絵が見られない!』という方の参考になれれば、幸いです。

絵を頑張ってください!いつも応援しています!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

おすすめの記事