『絵が下手なのはなぜなのか?』【絵が下手な理由と解決法4選!】

こんにちは、アナログとデジタルの両方で絵を描く絵描きのpppaintです!

絵を描き始めた人には、「絵が下手な人」がほとんどかも知れません。ですがそれなりに長く絵を描いてる人でも「絵が下手な人」はたくさんいますよね。

絵を描く人は、たくさんいますが、絵が下手な人よりも絵が上手い人の方が全体的に少ないかも知れません。

 

ほとんどの絵を描く人、絵描きにとっては、絵は好きなので、絵が上手いに越したことはありませんよね。

そして疑問に思うのが、なぜ絵が上手い人は絵が上手くて、絵が下手な人は絵が下手なのでしょうか?

ということで今回の記事のテーマは『絵が下手なのはなぜ?』なのかというテーマでお話して行こうと思います。

それでは今回の記事のテーマに入ります。

・①絵が下手なのはなぜ

・絵の全体で捉えない

絵の全体、絵の全体のバランスで捉えなくて絵の部分部分に捉らわれてるからです。

なので絵の全体のバランスが悪く絵が下手に見えますし、絵が下手なのです。

 

最初からデジタルでだけ絵を描いてアナログで絵を描いたことがないから、アナログでデッサンをしたことがないから、形が取れてなくて絵が下手なんですね。

アナログで形を取れないのに、デジタルでは難しいです。

 

「イラストの形が取れない」ことについてはこちら

 

また、人間は先史時代の名残りで危険な生き物から身を守るために、脳が見たものを簡略化して覚えたために、

見たものの記憶があいまいなのに、記憶から見たものを思いだして、描こうとするので、見たとおりに上手く描けないんです。

ですが、絵の初心者は見ながらでも上手く描けませんよね。

絵を描くという手の動作、技術が伴ってないと見ながらでも上手く描けません。なので絵が下手なのですね。

 

・描きたい絵がないから

描きたい絵があれば、その絵を描くために努力し練習しますが、はっきりと明確に自分が描きたい絵がわからない、もしくはないから絵が下手なのですね。

 

上手く描けなくても諦めずに、練習しないで、すぐ練習を辞めて妥協するので絵が上達せずに絵が下手なままなんですね。

一枚の絵に丁寧に時間を掛けて絵を描かないので絵の質が上がらずに絵が下手なままなんですね。

 

・思い込みで描くから

脳のシステムで脳は見たものを簡略化して記憶に留めるのに、よく観察しないで、資料を参考にしないで、

あいまいな記憶をから思い込みで描くので上手い絵が描けずに絵が下手なままになります。

 

そして、丁寧にきれいに線を描かずに、雑に線を描くので絵が下手に見えますし、絵が下手な原因になります。

圧倒的に練習不足で絵を描き慣れてないからです。

描きたいものがなくて、絵を描くのに、丁寧に時間を掛けて描いてないのと、資料を見ないで思い込みで絵を描いて、線も雑だから絵が下手に見えるんですね。

・絵が下手なのはなぜ ②絵が上手い人はなぜ絵が上手いのか

・女性に比べ男性は右脳型だから

女性に比べ男性は右脳型で、空間認識能力が高いから、形を捉え易くて絵が上手い人が男性に多いのかも知れません。

運動野が発達して手先が器用だから描きたいものを見たとおりに描ける可能性があります。

絵の才能は60%?(だったか?)以上両親の遺伝によるものがあるそうです。

 

・描きたい絵があるから

描きたい絵があってその絵を描くために、絵を描いて練習してきたから絵が上手いんですね。

描きたい絵の理想が高いから、手を抜かずに絵を描くので必然的に絵が上手くなり、絵が上手いです。

 

絵の理想があって自分が納得するまで描くから、絵がどんどん上手くなって絵が上手いんです。

自分の絵のおかしい部分にも妥協しないで絵を描くから、絵がどんどん上達して上手いんですね。

一枚の絵に丁寧に時間を掛けて絵を描くから絵が上手いんです。

 

脳のシステムで脳は象徴化(単純化)するけど、絵の上手い人はあいまいな記憶、思い込みで絵を描かないで、資料を参考にするから絵が上手いです。

アナログで紙に鉛筆でデッサンをしてきたので、モチーフの形が取れていて絵が立体感があり絵が上手いんです。

リアルな絵が上手く描けるデッサン力もあるからです。

・線がきれい

線がきれいだと絵がきれいに見えますし、実際に絵が上手い場合が多いです。

デッサンが狂ってると、絵が下手に見えるように、バランスが崩れてると、絵が下手に見えます。なので、絵のバランスがいいと絵が上手く見えます。

 

絵の上手い人の傾向は、関心のあることには、こだわり追求する人が多いです。

センスがあるというか、絵を描くことの感がいいから、絵が上手いし、絵以外にも感がいいことが多いです。

 

ある程度、絵を描いてきて、絵を描くことに、描き慣れてるからです。

ある程度、絵を描く訓練(練習)をしてきてるから、絵を描くことを、すんなりできて、上手いんですね。

 

自分の描きたい絵があって、それを追求できる人は、絵が上手くなるし、上手いと思います。

・絵が下手なのはなぜ ③絵が上手くなる方法

・リアルな絵を見る、描く

アニメ絵、漫画絵よりデッサン力があるリアルな絵を観るといいです。基本的にアニメ絵、漫画絵よりリアルな絵の方がデッサン力があります。

アニメ絵、漫画絵よりデッサン力のあるリアルな絵を参考にしてリアルな絵を描くといいですよ。

 

基本的にはアニメ絵、漫画絵よりリアルな絵の方がデッサン力は高いですが、

絵が上手いイラストレーター、絵描きは、アニメ絵、漫画絵も上手くてリアルな絵も描けます。

 

こういう絵が上手いイラストレーター、絵描きは、基本的に何描いても上手い傾向にあります。

たくさん上手い絵を観ると、絵を観る能力も高まり(特に上手い絵を)、絵を描くのも上手くなります。

 

・描きたい絵を持つ

描きたい絵がなにもないのに、絵が上手くなりたいよりも、自分の描きたい絵を持つことで、その絵を描くために練習するので絵が上手くなります。

描きたい絵を持って妥協しないで、自分の描きたい絵を描くために絵を描くことです。

 

「絵やイラストの練習に何を描けばいいのか」についてはこちら

 

一日一絵やワンドロよりも絵を上手くするのに効果なのが、一枚の絵に丁寧に時間を掛けて絵を描くことで絵の質が向上し、絵が上手くなります。

絵を一枚描いた後におかしいと思った部分を描き直して、絵の質を上げると絵が上手くなりますよ。

 

・資料を参考にする

人の脳は見たものを単純化して象徴化するから、あいまいな記憶で描くよりも絵の初心者のうちは、特に資料を参考にすると絵が上手くなります。

 

「絵の資料」についてはこちら

 

アナログで紙に鉛筆でデッサンをすると、モチーフの形が取れるようになり、絵に立体感もでて絵が上手くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事のテーマは『絵が下手なのはなぜ?』というテーマでお話してきました。

絵が上手い、絵が下手にもそれなりに理由があります。

線が雑とか描きたいものがないとかですね。

絵が上手くなるには、描きたい絵を持って、妥協しないで、資料を見て、丁寧に時間を掛けて描といいでしょう。

 

今回の記事がなにがしかあなたの参考になれれば幸いです。

それでは、次回の記事のテーマでまたお会いしましょう!

いつも応援してます!頑張ってください!

おすすめの記事