「絵が描けない…」どうしたら絵が描けるのか?『その方法15個!』

   ↑
← ◎今すぐ画像をクリック!!

 

こんにちは、絵描きのPPPAINTです。

 

この記事やブログに行き着いた人は、絵に興味があったり、『絵を描きたい』という人だと思います。

 

だけれど、絵が描きたいのに、なかなか思うように「絵が描けない」ということがあるかも知れませんね。

 

わたしも再び絵を描き始めは、なかなか思うように、絵が描けなかったです。

 

なので、今回のテーマは「絵が描けない…」どうしたら絵が描けるのか?『その方法15個!』というテーマでお話していきます。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

絵が描けない ①対処法

・あたりを描く

 

絵の初心者でなかなか思うように、絵が描けない場合には、

 

いきなり描き込まずに、描き易いように、『あたりを描く』といいでしょう。

 

わたしも、あたりがあった方がバランスが取り易いので、あたりを描くようにしてます。

 

・絵を描くことに慣れる

 

絵が描けないのは、

 

絵を描き慣れてないからなので、絵の初心者の内から、本格的な絵を描こうとせずに、

 

まずは、落書きから描くといいのではないでしょうか。

 

この場合、アナログで紙に鉛筆で絵を描くのがいいでしょう。

 

わたしも、再び絵を描き始める前は、アナログで紙に鉛筆で落書き見たいなのを描いてましたし、

 

再び絵を描き始めたときも、アナログで紙に鉛筆で落書きから再スタートしましたね。

 

そこから、いろいろとアナログの道具を集めたりして、本格的に絵を描くようになりましたね。

 

そこから、デジタルでも絵を描くようになりましたね。

 

「鉛筆画の絵を描く」ことについては「こちら↓」

 

 

・今、描ける絵を描く

 

描きたい絵があっても、技術不足のために、絵が描けないのですね。

 

なので、無理をせずに、今、自分が描ける絵を描くといいでしょう。

 

わたしも、何年も何年も絵を描けなくて、再び絵を描き始めたときは、絵がものすごく下手になってて、

 

描きたい絵があっても、技術不足で全く絵が描けませんでした。

 

絵が描けない ②対処法

・上手く描けていたときの絵や絵の動画を見る

 

どうしてもなかなか、上手く絵が描けない場合に、

 

自分が上手く描けていたときの絵や絵の動画を見るといいかも知れません。

 

スマホアプリのibispaintなら簡単に絵の制作動画(タイムラプス)を作れますし、

 

ClipStudioPaintでも絵の動画(タイムラプス)を作れます。

 

Clip Studioは、もともとパソコンのソフトですが、

 

現在ではパソコンだけでなく、スマホやタブレットでもリリースされてます。

 

スマホ、タブレット、パソコンすべてで絵の動画(タイムラプス)を作れます。

 

また、スマホやタブレットでも画面録画はできますが、

 

パソコンの場合は、画面録画はちょっと難しいかも知れません。

 

スマホやタブレットでもそうでしょうが、

 

パソコンの場合は、スムーズに画面録画をできるのは、パソコンの性能に左右されますね。

 

パソコンの性能がSSDでなかったり、

 

CPUや物理メモリの性能が良くないと、絵の描画がスムーズに行えなくなります。

 

先ずは、スマホアプリのibispaintやスマホのClip Studioなどで試してください。

 

・他の人の絵の動画を見る

 

また、絵が描けない場合、自分の絵の動画以外に、

 

絵の上手い他の人の絵の動画を見るといいでしょう。

 

絵が描けないことを脱出するきっかけになるかも知れません。

 

絵が上手い人は絵の描き方を知ってるからです。

 

絵が描けない ③絵を上手くなるためには

・人に絵を見せる

 

絵が上手くなるためには、人に絵を見せるといいです。

 

人に絵を見せるようにすると、

 

絵を描くのに手を抜きぬくくなるので、それでおそらく、絵が上手くなるのですね。

 

わたしも人に絵を見せるようになってから、絵が上手くなったと思います。

 

・資料を見ながら絵を描く

 

絵が上手くなるには、

 

資料を見ながら絵を描くといいでしょう。

 

人間の記憶は非常にあいまいで、見たものを象徴化して簡略化して覚えるので、

 

目を離すとすぐに、記憶があいまいになるんですね。

 

視覚的なものだけでなく、言語でも本を閉じた瞬間に、

 

もうその本のことを忘れてるとまで言われるくらい人間は忘れ易いのです。

 

なので、

 

自分のあいまいな記憶に頼らずに、資料を見ながら絵を描くといいでしょう。

 

絵が上手くならないのは、

 

自分のあいまいな記憶だけで(思い込みだけで)絵を描いてるので、絵が上手くならないし、絵が描けないのですね。

 

絵が上手い人は資料を良く見ますから。

 

わたしも自分の記憶を過信せず、資料を見て絵を描くようにしてます。

 

絵が描けない ④絵を描く気が起きない場合

・描きたかった絵を思い出す、または、見つける

 

絵を描く気が起きなくて、絵が描けない場合、

 

自分の描きたかった絵を思い出す、または、見つけるといいでしょう。

 

絵が上手くなるには、

 

描きたい絵を持つのが必要なので、

 

自分が絵を描きたいと思うきっかけになった絵を思い出す、または、見つけるのです。

 

描きたい絵があったので、わたしはまだまだですが、わたしも絵が上手くなりました。

 

・絵を描く目的を明確にし、小さな目標から達成していく

 

そして、

 

絵を描く目的を明確にし、小さな目標から達成していくといいでしょう。

 

いきなり出来そうもない大きな目標を持っても、挫折する可能性が高くなるからです。

 

なので、

 

例えば、絵を描く目的は、

 

・絵を上手くなるため

 

・人に絵を見せるため

 

・いいねを貰うため

 

・絵を描くのを楽しむため

 

・コンテストなどに応募するため

 

などがあるでしょう。

 

例えば、

 

絵を上手くなるためなら、

 

先ずは、アナログで紙に鉛筆で落書きからスタートして、絵を描くことに慣れることから始めるのです。

 

右利きなら、横顔は左向きが描き易いので、

 

左向きから描く絵の練習をするとかして絵の難易度を下げるのですね(人それぞれ得意不得意があるので)。

 

これなら、自分でもできそうというものから達成していくのです。

 

デジタルなら反転して描くこともできますが。

 

また、絵の工程には、線画、色塗り、影塗りがありますが、

 

線画、色塗り、影塗りを全部一度に上手くなるのは難易度が高いので、

 

まずは、線画だけなどに、絞って練習して、難易度を下げるといいです。

 

絵が描けない ⑤絵のアイディアが出てこない場合

・資料を見る

 

絵が上手くなるためには、資料が必要ですが、

 

絵のアイディアが出てこなくて、絵が描けない場合、

 

写真やイラストなどの資料を見て参考にするといいでしょう。

 

わたしも写真やイラストなどの資料を見て参考にするようにしてます。

 

・ポージングアプリやサイトを利用する

 

ポーズが思い浮かばなくて、絵が描けない場合、

 

ポージングアプリやサイトを利用するのもいいでしょう。

 

ポージングアプリやサイトをわたしも利用するようにしてます。

 

「ポージングアプリやサイト」については「こちら↓」

 

 

・好きな絵やいろいろな絵を見る

 

まだ、絵が描けなくても、

 

好きな絵やいろいろな絵を見ると、アイディアが湧いてくるかも知れません。

 

わたしも好きな絵やいろいろな絵を見るようにしてます。

 

「絵のサイト」については「こちら↓」

 

 

・好きな絵の模写、真似をする

 

何も絵が描けない場合、

 

好きな絵の模写、真似をするのもいいです。

 

何かを作り出すためには(オリジナルの絵を)、

 

何かしら何かを真似しないといけないからです。

 

ある有名な画家も

 

『何も真似できない人は何も作り出せない』というようなことを言っていますし。

 

わたしも真似からスタートして、オリジナルの絵を描けるようになりました。

 

・絵のテーマを決める

 

イメージが湧いてこない、または、イメージが漠然として絵が描けない場合には、

 

絵のテーマを決めるといいかも知れませんね。

 

絵に何かしらテーマがあった方が絵に共感され易いので、いいねもされ易いです。

 

人物やキャラクターの場合には、

 

『誰が』『何をしているのか』『何を伝えたいのか(絵を見ている人に)』

 

風景や静物の場合には、

 

『何が』『どのようになっていて』『何を伝えたいのか(絵を見ている人に)』

 

という感じにです。

 

まとめ

 

今回のテーマは「絵が描けない…」どうしたら絵が描けるのか?『その方法15個!』というテーマでお話してきました。

 

まとめると、

 

絵が描けない ①対処法

・あたりを描く

・絵を描くことに慣れる

・今、描ける絵を描く

 

絵が描けない ②対処法

・上手く描けていたときの絵や絵の動画を見る

・他の人の絵の動画を見る

 

③絵を上手くなるためには

・人に絵を見せる

・資料を見ながら絵を描く

 

④絵を描く気が起きない場合

・描きたかった絵を思い出す、または、見つける

・絵を描く目的を明確にし、小さな目標から達成していく

 

⑤絵のアイディアが出てこない場合

・資料を見る

・ポージングアプリやサイトを利用する

・好きな絵やいろいろな絵を見る

・好きな絵の模写、真似をする

 

・絵のテーマを決める

人物やキャラクターの場合には、

『誰が』『何をしているのか』『何を伝えたいのか(絵を見ている人に)』

風景や静物の場合には、

『何が』『どのようになっていて』『何を伝えたいのか(絵を見ている人に)』

 

という感じでしょうか。

 

この記事が「絵が描けない」という悩みの解消に何かしら貢献できたら幸いです。

 

今回は、ここまでです。

 

次回の記事でまたお会しましょう!

 

それでは、さようなら!

 

   
← ◎今すぐ画像をクリック!!

おすすめの記事