『イラストの参考をどこまですればいい』【要点を分かり易く解説!】

こんにちは、絵描きのpppaintです!

イラスト、絵を描いてるとイラスト、絵の参考に資料を使うと思いますが、「どこまで参考にすればいいか明確にはわからない」という方もいると思います。

 

多分、わたしもそうだったと思います。

なので今回は『イラストの参考をどこまですればいいか』についてお話しようと思います。

それでは、今回の記事のテーマに入ります。

・イラストの参考をどこまですればいいのか?①イラストの参考『悪い例』

・参考イラスト、写真の丸写し

出処が明らかになる参考イラスト、写真の丸写しですが、おおやけにしないで練習のためにするならいいです。

著作権フリーの写真、著作権切れのパブリックドメインの絵画、イラストの模写なら基本的にネット、SNSに投稿しても大丈夫ではあります。

 

出処が明らかな参考イラスト、写真(著作権フリーでない)の丸写しをしてネット、SNSに投稿はやめた方がいいです。

何何の模写ですといって投稿するならまだいいですが。

 

参考イラスト、写真の模写、トレースをオリジナルと偽ってネット、SNSに投稿するのは、明らかに著作権を侵害してるのでこれは絶対にやめた方がいいです。

これらは当然のことなので、わたしも、これらのことに気をつけてます。

・イラストの参考をどこまですればいいのか?②イラストの参考『良い例』

・フリーフォトサイトの写真を参考に使う

参考資料が欲しい場合は、利用規約を読んで、著作権フリーの写真を参考に使うといいでしょう。

著作権切れのパブリックドメインの絵画、イラストを参考にするのもいいです。わたしも、使わせていただいてます。

 

・参考イラスト、写真の丸写しをしない

出処が明らかになる参考イラスト、写真の丸写しをしない、これは当然のことですよね。

一枚のイラスト、写真を丸写しにしないで何枚かの参考イラスト、写真の部分部分を参考にするといいです。

 

何枚かの参考イラスト、写真の部分部分を取ってきてそれにオリジナリティを加えてオリジナルのイラストにするといいですね。

また、ネット、SNSにアップしないで練習に参考イラスト、写真の模写、トレースならありです。トレースはともかくむしろ模写は積極的にするべきです。

 

・自分で撮影する

自分の求めるもののモチーフを自分で撮影できるなら著作権の問題はクリアできます。

また、撮影者にコンタクトをとれるなら参考にする写真の使用許可を得ることができる可能性があります。

 

『絵やイラストの練習に何を描けばいいのか』に関してはこちら

 

わたしも、こういうことをして作品の創作活動をしてます。

今では、ネットでたくさん資料を集められますが、これらのことに気をつけて、資料を参考にしましょう。

・イラストの参考をどこまですればいいのか?③イラストの参考に資料を使う理由

・普段からの練習にも資料が必要

人に見せるイラスト、仕事絵は資料がより必要ですが、普段からの練習にも上達するには資料が必要です。普段の練習の積み重ねが大切ですね。

イラストを描き始めたころは、特に、資料がイラストの技術を適切に身につけて上手くなるためには必要です。

イラストを描くのになれてきたらある程度は見ないでも描けますが、人に見せるイラスト、仕事絵は資料をちゃんと見て描くのが絶対に必要です。

 

『絵を資料がないと描けない』に関してはこちら

 

・イラストに正確性が求められる場合

テクニカルドローイング(説明書などに使用されるイラスト、図)などで人に見せるイラストなどでは、

イラストに正確性が求められる場合は資料を参考にする必要があります。

普段から資料を作り参考にしておきましょう。

 

・イラストに説得力を持たせるため

資料を参考にしないとイラストに説得力がなく稚拙なイラスト、魅力的でないイラストになり人の目にとまりにくいので資料を参考にしましょう。

資料を参考にしないとイラストの見栄えがよくなくて稚拙で魅力的でない絵になります。

 

イラストに限らず全ての作品には、その作品の発想のもとになった作品があります。ですからいい作品(参考となる資料)はいっぱい参考にしましょう。

あくまで参考で丸写し、パクリは禁物です。

イラストに人を引きこむにはある程度描き込みが必要ですし、あんまり描きこまないにしても資料は必要です。

何もないところから生みだすのは結構難しいです。

 

『絵の真似しかできない』に関してはこちら

 

上手い絵を描くためにも、作品に説得力を持たせるなど、さまざまな面で資料は必要になってきます。なので、わたしも、資料を見るのを大切にしてます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『イラストの参考をどこまですればいいか』ということについてお話してきました。

要約すると

まとめ

・著作権フリーの写真を使う

・参考イラスト、写真の丸写しをしない

・何枚かの参考イラスト、写真の部分部分を参考にする

こんな感じです。

イラスト、絵を描いてるとこの問題に行き着くと思います。資料はイラスト、絵に必要不可欠なので、わたしもこれらに気をつけて作品制作しています。

イラスト、絵を描いてる方は是非参考にしてください。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

おすすめの記事