こんにちは、絵描きのpppaintです。

 

皆さんは、アナログとデジタルどちらで絵を描かれていますでしょうか?

 

アナログとデジタルの両方で絵を描かれてるなら、「アナログ絵だと上手いのに」『デジタルだと下手になるというようなことはありませんか?

 

なので今回は「デジタルだと下手になる」のはなぜ?『アナログ絵だと上手いのに!』という記事のテーマでお話させめいただきます。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

・①デジタルだと下手になるのはなぜ?

アナログ絵だと上手いのに!「デジタルだと下手になる」のはなぜなのでしょうか?

 

・古いペンタブだと筆圧感知が弱い(鈍い)

 

古いペンタブだと筆圧感知が弱くて鈍いから、線画を古いペンタブで描くのは難しいので、デジタルだと下手になるのです。

 

この対処法としては、新しいペンタブに替えるのが一番いいですが、古いペンタブに紙をしくのもありです。

 

ですが、紙をしくのは応急処置的なもので、新しいペンタブに替える方がずっと描き易いですね。

 

デジタルが下手になるのは、アナログの紙と違い、ペンタブは画面(アナログで言えば紙)に直接描画できないからでしょう(ペンタブと画面は別々)。

 

アナログの画面に、直接描画するのとの感覚の違いで、デジタルだと下手になるんですね。

 

そういう場合は、スマホやタブレット、液タブにするといいでしょう。

 

スマホやタブレット、液タブは画面に直接描画するのでアナログに近い感覚で描けるのでいいですよ。

 

「デジタルとアナログで絵が変わる」ことに関してはこちら

 

他のデジタルイラストに関する記事の「イラストのキャンバスサイズ」についてはこちら

 

また、スマホやタブレットに指で描いてるから、デジタルが下手になるのでしょうね。

 

この場合はペンを使うと、ある程度デジタルでも下手になりませんよ。

 

まだデジタルに慣れてないので、アナログに比べて、デジタルが下手になるのでしょう。まあ、ある意味当然と言えば当然ですよね。

 

アナログでは絵を描き慣れてても、デジタルでは絵を描くのに慣れてないなら、絵がデジタルで下手になるのは当然ですよね。

 

なので、何事も慣れで、デジタルも慣れてくれば、ある程度デジタルでも上手く描けるでしょう。

 

・手袋をしてない

 

デジタルが下手になるのに、ペンタブで描いてる場合は、ペンタブ用の手袋をしてないのがあるでしょう。

 

ペンタブ用の手袋をしてないと、手がペンタブの上でスムーズに動かせませんし、腱鞘炎にもなりますし、ペンタブも汚れます。

 

なので、ペンタブで描く場合は、手袋をしましょう。

 

デジタルの初歩的な設定ですが、手ブレ補正を有効にしてないをしてないので、デジタルで下手になるんですね。

 

なので、デジタルでイラストを描くの場合は、手ブレ補正を有効にしましょう。

 

・ペンタブのサイズが小さい

 

ペンタブで描いてて、デジタルが下手になるのは、ペンタブのサイズが小さいからでしょうね。

 

ペンタブのサイズが小さいと手や腕をたくさん動さないといけないので、手や腕が疲れますし(腱鞘炎にもなる)、デジタルイラストが下手になるでしょう。

 

なので、Lサイズなどの大きいペンタブにしましょう。

 

デジタルではアタリ(だいたいこのあたりだな〜というのが『アタリ』です)を描いてないと、アナログよりもなおさらデジタルが下手になるでしょうね。

 

なので、デジタルイラストでもアタリを描いた方がデジタルイラストが上手くなります。

 

デジタル絵だと下手になるの理由は、アナログと違い「画面に直接描画できないから」「デジタルに慣れてないから」などの機械的な問題と、

 

アナログにも共通する「アタリを描いてないから」という理由があるようですね。

 

・②デジタルだと下手になるなら

・線画だけアナログで描く

 

デジタルだと下手になるなら、線画だけアナログで描くようにして、ペイントアプリやペイントソフトに読み込むのがいいでしょう。

 

線画をデジタルで描くのはなかなか難しいですから。

 

わたしの場合は、線画はアナログの方が勢いで描けるので(アナログの方が簡単に描ける)、アナログの方が表現し易いです。

 

でもデジタルで線画を描いてますが。

 

・デジタルだと下手になる ③アナログ絵が下手になる

デジタルで絵を描いてると、アナログが下手になる?また、その理由は何なのでしょうか?

 

人によってはデジタルで描いてると、アナログがかなり下手になるようです。個人差がありますが。

 

アナログが下手になる理由のひとつに、デジタルで描くようになると、アナログで描かなくなり、アナログが下手になるというのがありますね。

 

アナログが下手になる理由のもうひとつに、デジタルでは、アンドゥ、リドゥ(もとに戻る、やり直し)があるのに、アナログではそれらがないからのようです。

 

「デジタルイラストのメリット、デメリット」についてはこちら

 

デジタルで描くようになると、アナログが下手になるのもひとによりけりで、アナログが下手にならないひとから言わせたら、

 

自転車乗りと同じ様に、アナログで絵を描く感覚が身体(手)に染みついてるという感じでしょうね。

 

わたしの場合も似ていて、デジタルで描くようになってアナログで描く機会が減ったのですが、

 

アナログで線画(鉛筆で)を描いてもあまり腕が鈍っておらず、まえとあまり変わってないかも知れませんね。

まとめ

どう思われましたでしょうか?

 

今回は「デジタルだと下手になる」のはなぜ?『アナログ絵だと上手いのに!』という記事お話させていただきました。

 

まとめると、

・デジタル絵だと下手になる 対処法10個

・新しいペンタブにする

・紙をしく

・スマホやタブレットや液タブにする

・ペンで描く

・デジタルに慣れる

 

・手袋をする

・手ブレ補正を有効にする

・ペンタブのサイズを大きくする

・アタリを描く

・線画だけアナログで描く

という感じです。

 

それでは、次回の記事でまたお会いにできますように!

それでは、さようなら!

おすすめの記事