『絵を描きたいと思わなくなったなぜ』【その気持ちへの対処法11個】

   ↑
← ◎今すぐ画像をクリック!!

 

こんにちは、絵描きのPPPAINTです。

 

このブログを見てるなら、皆さんは絵に興味が少なからずあると思いますが、

 

この記事を見てるということは、

 

いま、絵を描きたいという気持ちがどうも湧いてこない、どうも最近『絵を描きたいと思わなくなった』なんてことがあるのかも知れませんね。

 

絵を描くのって、結構疲れますし、時間も掛かりますから。

 

なので、今回は『絵を描きたいと思わなくなったなぜ』【その気持ちへの対処法10個】というテーマでお話していきたいと思います。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』①無理をして絵を描く必要があるのか?

絵を描きたいと思わなくなったけど、そもそも、無理をしてまで、絵を描く必要があるのか?

 

答えは、NOなんじゃないでしょうか。仕事で絵を描いてるなら、無理をしてまでも、ある程度は絵を描かないといけないとは思いますが、

 

仕事でないならば、

 

絵を描くのは、楽しんで描くのが第一なので、そもそも、無理をしてまで、絵を描く必要がないんじゃないでしょうか。

 

なので、絵を描きたいと思わなくなったけども、マイペースで、絵を描いていけばいいのではないでしょうか。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』②絵が上手いなら絵を描き続けた方がいい

絵が上手いならば、絵を描き続けた方がいいと思います。

 

絵を描きたいと思わなくなったから、絵を描くのをやめるのは、本当にもったいないことだと思います。

 

絵が上手いなら、いろいろと可能性があるからです。

 

例えば、絵の販売や絵のオーダーなどがあるでしょう。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』③絵が上手くなくても絵を描き続けてたら…

絵が上手くなくて、絵を描きたいと思わなくなったということでも、

 

絵を描き続けてたら、ある程度は絵が上手くなりますので、

 

焦らずに、頑張って見てください。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』④いま描ける絵を描くといい

絵の初心者のうちから、

 

絵を思い通りに描こうとしても、絵の技術が自分の描きたい絵のイメージに、追いつてなくて、

 

それだと、

 

絵を描きたいと思わなくなったになるので、

 

まだ、絵の初心者のうちからは、絵を思い通りに描こうとし過ぎずに、いま描ける絵を描くいいです。

 

これは、

 

最初から大きな目標よりも、

 

小さな目標から、コツコツやる方がいい結果につながり易いし、挫折しにくいことと似ていますね。

 

これは、科学的に証明されてることだと思います。

 

わたしも再び絵を描き始めたときは、

 

かなり絵が下手になってて、それなのに上手い絵を多少無理して、真似してて空回りしていた感もあります。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑤評価を気にし過ぎて、絵を描かない

絵を描きたいと思わなくなったのには、

 

SNSやネットでの、他人の自分の絵への評価を気にし過ぎてしまったのがあると思うので、

 

他人の絵の評価を気にし過ぎないで、絵を描かないのも、絵を描き続けるには、大事なことだとは思います。

 

また、絵の評価(いいねの数)を本当の絵の評価と思っても、あまり意味がないです。

 

なぜなら、絵をいいねしてる、ほとんどのひとは絵の素人であるからです。

 

なので、

 

絵の素人の評価を気にし過ぎてもあまり意味がないです。

 

また、このようなSNSやネットへのアップ、いいねのためにだけに、絵を描かないのも、

 

重要で、

 

いかに自分が楽しんで絵を描けるかが、絵を描きたいと思わなくなるのに必要なことだとは思います(絵を描き続けるのに)。

 

「絵に反応ない」ことについては「こちら↓」

 

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑥マンネリにならないようにする

なるべく、絵を描くことがマンネリにならないようにする工夫も大事かと思います。

 

絵を描きたいと思わなくなったのには、マンネリの問題も少なからずあると思うのです。

 

例えば、

 

デジタルだけで、絵を描いてるなら、アナログでも絵を描いてみるとか、

 

漫画やアニメ風の絵を描いてるならば、リアリスティックな絵も挑戦して、描いて見るなどですね。

 

わたしは、リアリスティックな絵も描きますし、アニメや漫画風の絵も描きます。

 

他にも色の塗り方を変えて見たりして、いろいろなことを吸収して見るといいでしょう。

 

自分の持ってるものだけで(今ある、知識や技術などだけで)、

 

絵を描かないで、いろいろなものから学ぶのがいいでしょう。

 

現代は、ネットなどが発達した、ありとあらゆる情報が得られる情報化時代ですから。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑦描きたい絵を見つける

絵を描きたいと思わなくなったのは、

 

描きたい絵がないからなので、描きたい絵を見つけるといいでしょう。

 

ちょっと初歩的過ぎるかも知れませんが、

 

例えば、

 

アナログかデジタルのどちらで描きたいか

 

描きたい絵によって、絵を描く技法はある程度決まってきます

 

伝統的な絵画を描きたいなら、アナログで描いた絵

 

アニメ、漫画風の絵を描きたいなら、デジタル絵

 

という感じにです。

 

ですが、

 

アニメ、漫画風の絵でも、

 

デジタルで描かないといけないという、決まりはないので、アナログで描くのも当然ありです。

 

また、

 

伝統的な絵画でも、今ではデジタルで描く人(伝統的な絵画をデジタルで描く人)もいます。

 

「描きたい絵がない」ことについては「こちら↓」

 

 

「イラストが上手くなる」ことについては「こちら↓」

 

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑧違う絵を描いて見る

また、

 

今までとは、ちょっと違った絵を描いて見るといいかも知れません。

 

例えば、構図を変えて見たり、モチーフを変えてみたりとかですね。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑨一度絵から離れる

絵を描きたいと思わなくなったなら、

 

これを機会に、一度絵から離れるのもいいでしょう。

 

そうすれば、

 

また多少は絵を描くことに、新鮮さがでてくることもあるでしょうし、

 

一定期間、

 

絵を描かないと頭が整理されることで、まえよりも絵が上手くなる可能性もあります。

 

わたしの場合は何年も絵を描いてなかったので、

 

再び絵を描き始めたときは、かなり絵が下手になってましたので、

 

一定期間、絵を描かないと絵が上手くなる場合は、個人差もあるでしょうが、

 

絵を描かない期間は、何十日とか一ヶ月とか何ヶ月かそこらがいいのかも知れません。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑩描きたくなったら描く

どうも、絵を描きたいと思わなくなったのなら、

 

絵を描きたくなったら描くでもいいと思います。

 

・『絵を描きたいと思わなくなった 』⑪他のことをして気晴らしする

絵を描きたいと思わないのに、

 

無理して絵を描かないで、他のことをして気晴らしするのもいいでしょう。

 

例えば、

 

映画観たり、本を読んでだり、するといいです。

 

絵を描きたいと思わなくなったのは、

 

こういうインプット(絵に直接関係ないインプット)が少ないからというのもあるでしょう。

 

絵を描きたいという欲求は、

 

何かをインプットすることで、感性が刺激されてでてくるものだからです。

 

わたしもそうだと思います。

 

まとめ

 

今回は『絵を描きたいと思わなくなったなぜ』【その気持ちへの対処法11個】というテーマでお話してきました。

 

まとめると、

 

①無理をして絵を描く必要があるのか?

②絵が上手いなら絵を描き続けた方がいい

③絵が上手くなくても絵を描き続けてたら…

④いま描ける絵を描くといい

 

⑤評価を気にし過ぎて、絵を描かない

⑥マンネリにならないようにする

⑦描きたい絵を見つける

⑧違う絵を描いて見る

 

⑨一度絵から離れる

⑩描きたくなったら描く

⑪他のことをして気晴らしする

 

という感じでしょうか。

 

この記事がまた絵を描きたいと思えるきっかけになれれば幸いです。

 

今回は、ここまでとさせていただきます。

 

それでは、次回の記事でまたお会しましょう!

 

ではまた!

 

さようなら!

 

   ↑
◎今すぐ画像をクリック!!

おすすめの記事