「絵を描くのがしんどい理由」〘絵描くのがしんどいの解決策9個!〙

   ↑
← ◎今すぐ画像をクリック!!

 

こんにちは、絵描きのPPPAINTです。

 

絵を描いてると、なかなか絵がいいねされなかったり、他の人と比べて、絵を上手く描けないなどで、

 

絵を描くのがしんどい」ってことはないでしょうか?

 

わたしも、絵を上手く描けないなどで、「絵を描くのがしんどい」ということはあったと思いますし、今でも、間々あることだとも思います。

 

なので、

 

今回は「絵を描くのがしんどい理由」〘絵描くのがしんどいの解決策9個!〙

 

というテーマで、

 

ちょっとしたアドバイスをさせていただこうと思います。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

・絵を描くのがしんどい理由と解決策9個 ①絵が上手くても…

絵を描くのがしんどい理由には、

 

絵が下手なのが理由に多いでしょうが、

 

たとえ、絵が上手くても、いいねをたくさんしないと(こちらから自分の絵を見せるための行為をしないと)

 

基本的に、X(twitter)などでは反応(いいね)がないです。

 

上手くても、自分の絵が見られないからです。

 

なので、自分の絵に反応(いいね)がないのですね。

 

また、フォローばかりでいいねをしないアカウントは、伸びません(いいねやフォロワーが伸びない)。

 

フォローはあまりしないけど、いいねするアカウントの方が伸びるでしょう。

 

ということがあるので、めちゃくちゃ下手な絵がX(twitter)などのSNSでたくさんいいねされてるという現象が起きるんですね。

 

なので、あまりに反応がなくて、絵を描くのがしんどい…となるのでしょう。

 

そして、下手な絵をアップしてる人が何万、何十万といいねしてるので、それだけ反応があるんですね。

 

絵が下手な人は、絵が上手い人より、こだわりや好き嫌いがあまりないので、たくさん何万、何十万といいねするのでしょう。

 

絵が上手い人は、あまりというかほとんどいいねしない人が多いです(その傾向が強いし、ある)。

 

わたしも好き嫌いやこだわりが強いので、(特に短期間では)何万、何十万は無理でしょう(というか無理です)。

 

多少なりともいいねする

 

なので、絵が上手いのに、絵がいいねされない、フォロワーが少ないということが現象として起こるんですね。

 

こういうことがあるので、

 

X(twitter)などのSNSで多少なりとも反応が欲しいなら、多少なりともいいねをする方がいいでしょうね。

 

あまりいいねをする数が少ないと、なかなか反応がありませんが。

 

「絵が伸びない!」ことについては「こちら↓」

 

 

・絵を描くのがしんどい理由と解決策9個 ②絵の上手い人や他人と比べてしまう

絵を描くのがしんどいのには、絵の上手い人や他人と比べてしまうというのがあるのかも知れませんね。

 

そして、「他人と比べる」と、不幸になるんです。

 

「人が一番不幸になる」のは、「人と自分を比べること」なんです。

 

「他人と自分を比べること」で「絵を描くのがしんどい原因」になっているのでしょう。

 

以上のことがあるので、

 

過去の自分と比べる

 

絵のことに関しても、「他人と自分を比べない」で、「過去の自分と比べる」ようにするといいしょう。

 

具体的には、過去の自分の絵を取って置くといいでしょう。

 

そうすることで、自分の絵がどれだけ成長してるかを知ることができるからです。

 

なので、まだまだ絵が下手でも、過去の自分を知るためには、絵を取って置くのがいいでしょう。

 

わたしも過去の自分の絵を一応、全部取ってありますよ(すごく下手なときの絵もです)。

 

絵の上手い人を肯定的に捉える

 

また、絵の上手い人を肯定的に捉えるというのもある程度は必要でしょう。

 

なぜなら、絵が上手くなるためには、ある程度上手い絵を参考、参照する必要があるからです。

 

そして、実は、絵が上手い人もかつては、絵が下手だったのです。

 

絵が上手い人も努力して、今の画力を見につけたのですね。

 

もちろん、最初から絵が上手い人も少なからずいるでしょうが。

 

ですが、そういう人はごくまれです。

 

絵の上手い人も努力して、絵が上手くなったので、そういう上手い絵がSNS等で見られて、

 

「ありがとう」とは言わないまでも、多少肯定的に捉えるといいのではないでしょう。

 

わたしも、上手い絵を参考にしてきましたから。

 

「自分の絵を上手い人と比べること!」に関して「こちら↓」

 

 

SNSから距離を取る

 

それでも、上手い絵を見たり、いいねがつかなくて、絵を描くのがしんどい場合には、

 

一旦SNSからちょっと距離を取るのが必要かも知れませんね。

 

わたしも、SNSからちょっと距離を取りたいときは、多々ありますよ。

 

絵から距離を取る

 

また、SNSから距離を取るだけでは、絵を描くのがしんどい場合には、

 

絵や絵を描くこと自体から、距離を取るのも必要かも知れません。

 

わたしも、絵や絵を描くこと自体から、距離を取りたいときもありますが、結局は、絵に戻ってきちゃいます。

 

・絵を描くのがしんどい理由と解決策9個 ③絵が上手くならないから

絵を描くのがしんどい…

 

実は、絵というものは、下手な絵を何百枚と描いても、絵は上手くならないんです。

 

絵が上手くなるための効率的な練習法

 

絵が上手くなるには、

 

自分の絵の上手く描けなかった部分を修正(加筆修正)や練習をしないと、なかなか絵が上手くなりません。

 

わたしも、そのようにして絵が上手くなりました。

 

前述しましたように、

 

過去の自分の絵を取って置くと、自分の絵の上手く描けなかった部分を修正(加筆修正)や練習をすることができます。

 

そして、絵が上手くなるための効率的な練習法があります。

 

それは、「PDCAサイクル」というものです。

 

PDCAサイクルとは、

 

P(plan) = 計画を練る

D(do) = 計画を実行する

C(check) = 行動を評価する

A(act) = 改善して、次につなげる

 

というものです。

 

なかなか絵が上手くならなくてしんどい場合、

 

絵を描こうとするのがP(plan) にあたり、それを実行に移して、絵をを描くことのD(do) まで出来てるんですが、

 

この先のC(check) = 行動を評価する

 

 

A(act) = 改善して、次につなげる

 

が出来てないので、なかなか絵が上手くならなくてしんどいんですね。

 

わたしは、PDCAサイクルというものを知らなくても、

 

この部分が自然と出来たので、まだまだですが、絵が上手くなったのだと思います。

 

「絵が上手くなる方法!」については「こちら↓」

 

 

・絵を描くのがしんどい理由と解決策9個 ④練習することが目的と化してる

絵を描くのがしんどいのには、

 

本来は、絵が上手くなるための絵の練習だったのに、

 

絵の練習をすることが目的と化してるので、絵を描くのがしんどくなっちゃてるというのがあるのかも知れません。

 

絵画などでも、絵画作品を描くためのデッサンなのに、

 

デッサンをすることが目的と化してるのはよくあることでしょう。

 

絵を練習することの目的や絵を描くことの目的を明確にする

 

なので、

 

絵を練習することの目的や絵を描くことの目的を明確にするのがいいかも知れません。

 

そして、小さな目標から達成していく

 

また、いきなり出来そうもない高い目標を持って見ても、挫折する可能性が高くなるので、

 

目的を明確化しつつも、

 

小さな目標から達成していくのがいいでしょう(高い目標を持っても、挫折する可能性が高くなるから)。

 

例えば、絵を描く目的は、

 

・絵が上手くなるため

 

・絵が上手くなるために絵の練習をする

 

・人に絵を見せるため

 

・絵を通して交流するため

 

・いいねを貰うため

 

・描きたい絵があるから

 

・絵を描くのことを楽しむため

 

・コンテストなどに応募するため

 

などがあるでしょう。

 

わたしも、絵が上手くなりたい、こういう絵を描きたいという目的があって絵を描いてきました。

 

まとめ

 

今回は「絵を描くのがしんどい理由」〘絵描くのがしんどいの解決策9個!〙

 

というテーマで、

 

ちょっとしたアドバイスをさせていただきました。

 

まとめると、

 

・絵を描くのがしんどい理由と解決策9個

 

・①絵が上手くても…

 

反応を貰うために、多少なりともいいねする

 

・②絵の上手い人や他人と比べてしまう

 

過去の自分と比べる

 

「他人と自分を比べない」で、「過去の自分と比べる」ようにするといい

 

まだまだ絵が下手でも、過去の自分を知るには、絵を取って置くのがいい

 

絵の上手い人を肯定的に捉える

 

なぜなら、絵が上手くなるためには、ある程度上手い絵を参考、参照する必要があるから

 

SNSから距離を取る

 

絵から距離を取る

 

・ ③絵が上手くならないから

 

実は、絵というものは、下手な絵を何百枚と描いても、絵は上手くならない

 

絵が上手くなるための効率的な練習法

 

過去の自分の絵を取って置いて、自分の絵の上手く描けなかった部分を修正(加筆修正)する

 

PDCAサイクルとは、

 

P(plan) = 計画を練る

D(do) = 計画を実行する

C(check) = 行動を評価する

A(act) = 改善して、次につなげる

 

・④練習することが目的と化してる

 

絵を練習することの目的や絵を描くことの目的を明確にする

 

そして、小さな目標から達成していく

 

例えば、絵を描く目的は、

 

・絵が上手くなるため

 

・絵が上手くなるために絵の練習をする

 

・人に絵を見せるため

 

・絵を通して交流するため

 

・いいねを貰うため

 

・描きたい絵かあるから

 

・絵を描くのことを楽しむため

 

・コンテストなどに応募するため

 

などがあるでしょう。

 

解決策9個

①反応を貰うために、多少なりともいいねする

➁過去の自分と比べる

③そのために絵を取って置くのがいい

 

④絵の上手い人を肯定的に捉えて、参考にする

⑤SNSから距離を取る

⑥絵から距離を取る

 

⑦自分の絵の上手く描けなかった部分を修正(加筆修正)する

⑧PDCAサイクルをする

 

➈絵を練習することの目的や絵を描くことの目的を明確にし、そして、小さな目標から達成していく

 

という感じでしょうか。

 

この記事が多少なりとも、絵を描くのがしんどいことの解決に、ちょっとでもなれたなら幸いです。

 

今回は、ここまでとさせていただきます。

 

それでは、次回の記事でまたお会いできるときまで。

 

さようなら!

 

   ↑
◎今すぐ画像をクリック!!

おすすめの記事