『絵を描き続けることができない!』絵を描き続けられる【方法10選】

こんにちは、絵描きのpppaintです。

 

皆さんは、『絵を描き続けられてますか?

絵を描き続けるって、人によっては結構難しいですよね。

 

絵に限らず、なに関しても続けるのは、難しいことです。わたしも続けられないことは、たくさんありました。

絵も一時期描いてないときがありましたが、再び描き始めてからは、ずっと描き続けてます。好きでも続けられないときがあります。

 

ということ今回は、『絵を描き続けることができない!』絵を描き続けられる【方法10選】というタイトルで一緒に見ていこうと思います。

それでは、見ていきましょう。

・①絵を描き続けることができない理由

・上手く描けないから

絵を描き続けるられない理由に、技術が未熟で、自分の思うように、上手く描けないことがあります。

上手く描けないから、絵を描くことが楽しくなくて、描き続けられないんでしょう。

 

絵は上達するまで時間が掛かるので上手くなるまえに、挫折して、描き続けるの放棄してしまう可能性があります。

また、絵を描くための、自由に使える時間がないから、なかなか続かないのでしょう。

 

・集中できない

絵を描くには、集中力が必要ですが、人間の集中力は持って、せいぜい30分かそこらなので、絵を描き続けるられない原因になります。

明確に、自分の描きたいものがわからないから、描きたいものがないから、絵を描き続けることができないんでしょう。

 

また、絵を描くのには、集中しつつも頭脳と体力を使うので、人によっては、絵を描くとどっと疲れます。

日頃からの疲労が溜まって、疲れてると、疲れから、なかなか思うように、絵を描くことができません。ましてや絵を描き続けるられないです。

 

・モチベーションを保てないから

疲れからやなかなか絵が上手くならないことで、モチベーションを保てないから、絵を描き続けるられないんです。

 

絵を描き続けるられない理由は、絵は上達するまで時間が掛かかって、上手く描けないので、楽しくない、または、描きたいものがない、わからないなどですね。

わたしも絵が下手なときは、絵を描くのが楽しくなかったですが、描きたいものがあったので諦めずに、描き続けてこられました。

・絵を描き続けることができない!②絵を描き続けることは難しいのか?

絵を描くのは、頭脳と体力を使うし、集中力も使うから、絵を描き続けることは結構大変です。

それに、ちゃんとした絵を描くには時間が掛かるし、そういう絵が描けるまで、絵が上達するまでには、時間が掛かりますから、なおさらでしょうね。

 

わたしの場合は、毎日、紙に鉛筆で絵を描き続けましたね。そのときは、アナログで描く時間が長かったです。

わたしの場合は、描き続けられましたが、なかなかひとつのことを、続けるのは難しいですよね。

・絵を描き続けることができない!③絵を描き続けることは難しい

・頭脳と体力

絵を描くことは、頭脳と体力を結構使いますので、あまり体力のない人は、描き続けられない人もいると思います。

絵を描くには、集中力を必要としますので、かなり疲れます。人間の集中力はせいぜい数十分ですからね。

 

・上達するまで時間が掛かる

絵は上達するまで時間が掛かるので、上達するまえに、下手なのが、いやになって、やめてしまう人がたくさんいます。

自由に使える時間がないと、絵を描くことができません。そういう時間の確保は仕事をしてると難しいです。

 

・絵を描くには時間が掛かる

絵がある程度上手くなってくると、一枚の絵を描くのに、ものすごく時間が掛けるようになりますので、それをずっと描き続けるのは大変です。

ですが、それよりも、絵が上手くなるまえに、挫折して、絵を描くのをやめる人がほとんどだと思います。

 

『絵を描き続けることができない』に関係ある他の記事の『絵を完成させるのが怖い』ことについてはこちら

 

絵を描くには、頭脳と体力を必要とし、集中力も必要とします。

上達するまで時間が掛かるし、時間の確保も必要になってきますので、絵を描き続けるのは難しいでしょう。

・『絵を描き続けることができない!』④絵を描き続けられる【方法】

・SNSなどにアップする

現代はSNSなどのが発達してるので、SNSなどのネットに絵をアップして、反応を見てみるのも、描き続けるためには、プラスに働くかも知れませんね。

誰でも、誰かに自分の描いた作品は、見てもらいたいですから。

でも、SNSは逆に使い方を間違えると(他人の作品を写しを、自作として投稿したりして問題になると)、絵を描くのがいやになります。

 

『SNS等にアップした絵が評価されない』ことに関してはこちら

 

いろいろな絵を見たり、好きなアーティストの絵を見たりして、いろいろな作品から刺激を得るのは、絵を描く上で必要です。

自分の絵をSNS等ネットにアップするのも刺激になるでしょう。

アウトプット(描くこと)するための、インプット(絵を見る)ですね。描き続けるためには必要です。

 

・時間を区切る

人の集中力は、せいぜい持って30分〜45分くらいなので、ひとつの作業に、30分とかに時間を区切って5分休憩すると、効率が上がっていいです。

集中できないまま、そのままずるずる、絵を描くよりその方がいいですよ。慣れてきたら、1時間とかに伸ばすのもありです。描き続け易くなりますよ。

 

集中力だけじゃなく疲労対策にもなりますしね。

全く描き続けられないなら、最初のうちは、絵を描くことを、習慣するために、最小限の努力ですむ、1日5分絵を描くことを目標にしましょう。

 

・描きたいものを描く

いろいろな絵を見て、自分の描きたいものを見つけて、描きたいものを描くと、描き続けられるでしょう。

 

『絵やイラストの練習に何を描けばいいのか』に関してはこちら

 

描くための、モチベーションを保つために、いろいろな画材やペイントソフトを購入して、いろいろ試して描くのもいいでしょう。

マンネリ化させないために、本やネットなどで描き方を調べて、いろいろな練習をするのもいいでしょう。講座などを受講するのもありです。

 

・効果のある練習を続ける

いろいろな練習を試して、試したなかで、効果のあった練習を続けるのがいいです。

 

また、より良い絵を描くためには、資料を見るのが必須になってきます。

人間の思い込みはあいまいなので、人間の思い込みだけで描くと稚拙になりがちですが、資料を観て描けば、それなりに上達するので描き続けられます。

 

・ブログをやる(番外編)

絵に関してのブログを、作ってみるのもありかとは思いますが、SNSに比べて気楽に始められない感もありますが。

ブログは、ある程度の本気度が試されますから。

 

ブログは、記事をたくさん書かないといけないですし、絵に関しての本気度がある程度必要です。

絵を描き続けるためだけに、ブログを始めるのは酷かも知れません。

また、アクセスも集めないと、ブログも続かないでしょうし、絵を描きつつ、ブログをやるのは難しいかも知れませんね。

 

わたしも上記の方法を試してきました。自分にあった方法はないか探してくださいね。

まとめ

どう思われたでしょうか?

今回は『絵を描き続けることができない!』という悩みについて、一緒に見てきました。

 

まとめると

・絵を描き続けられる【方法10選】

・SNSなどにアップする

・刺激を得る

・時間を区切る

・毎日5分でも描く

・描きたいものを描く

 

・いろいろな画材で描く

・いろいろな練習をする

・効果のある練習を続ける

・資料をみる

・ブログをやる(番外編)

という感じですね。

 

この記事が『絵を描き続けることができない!』という悩みの解決にちょっとでも、貢献できたら嬉しいです。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう。

では、さようなら!

おすすめの記事