【絵の修正が終わらないなぜ】絵の修正を終わらせる【対処法12個】

こんにちは、絵描きのpppaintです。

 

皆さんは、絵を描いてると、『なんかへんになってきた』ということはないですか?わたしもたまにあります。

描いてた絵がそうなると、修正に時間が掛かる場合があります。

特に、アナログの場合は修正が大変だし、修正できない場合もあります。

 

ということで、今回は、『【絵の修正が終わらないなぜ】絵の修正を終わらせる【対処法11個】』ということについて、書かせていただきます。

それでは、記事に移ります。

 

・①絵の修正が終わらないのはなぜか?

・思い通り描けないから

絵の修正が終わらないのは、思い通り描けないから、修正を何度も繰り返すことになるんです。

また、描く日程を決めてないから、締め切りがなくて、ずるずる描いてて、絵の修正が終わらないのです。

絵の修正が終わらないのは、30分、1時間とか時間を区切らずに、絵に無制限に時間を掛けてるからです。

 

・画面を拡大して描き過ぎてる

デジタルの場合だと、拡大しないと、雑に描けてるのか、わからないような部分まで、丁寧に絵を描き過ぎてるからです。

画面を拡大して細部まで、こだわって絵を描くのもいいですが、丁寧にこだわって、時間を掛けて絵を描いても、

絵から離れてみたり(フル画面デジタルなので)、ちょっと拡大したぐらいじゃ、絵の雑な部分やおかしい部分に気づけません。

 

絵の修正が終わらない理由に、画材、機材が自分に合わないことがあります。

例えば、ペンタブだったらSサイズのペンタブを使ってるので、小さい過ぎて描きにくくて、自分に合わないのがあります。

 

絵の修正が終わらずに、何度も修正を繰り返すのは、ペンの持ち方が悪いからです。

スマホやタブレットは、液タブと同じ原理なので描き易いですが、

 

古いペンタブの場合は、ペンタブに紙をしいてないと、スマホやタブレットなどに描画するのより、絵を描くのが難しいです(線画は特に)。

古いペンタブでは線画は、特に紙をしかないと描くのは、至難のワザでしょう。

 

・絵から離れて見てないから

絵から離れて見てないから、絵のおかしな部分に気づけずに、なかなか絵の修正が終わらないんですね。

時間を置いて描いてないから、絵の修正が終わらないのです。ずっと集中して絵を描いてると、おかしい部分に気づけませんから。

 

『イラストの歪みがわからない』ことについてはこちら

 

『絵の下手に気づかないのはなぜ』なのかについてはこちら

 

「イラストの形が取れない!」ことに関してはこちら

 

思い通りに上手く描けないのは、資料を見てないからです。思い通りに上手く描けないから、修正もあとあとより多く必要になります。

 

補助線を描いて絵を描いてないから、絵のバランスが悪くなり、余計に修正が必要になります。

だいたいここらあたりだという、あたりを描かずにいきなり絵を描いてるから、修正があとに余計に必要なるんですね。

 

絵の修正が終わらないのは、資料を見てなかったり、あたりを描いてないから、思い通り描けないくて、無制限に時間を掛けてるからなどでした。

 

・絵の修正が終わらないのはなぜか?②絵の修正が終わらなくても

・ある程度描けたら、終わらせる

絵の修正が終わらなくても、ある程度描きたい絵が描けたら、終わらせるようにするといいです。

絵を描いてるとどこまで描けばいいのか、わからないことがあるかと思います。

ある程度きりのいいところで、絵を描くのを終わらせるようにしないと、絵のというの描けば、どこまでも描けてしまうので、完成度は高くなりますが、

描くのを途中でやめるのとは、違ってここまで描いたから切り上げてもう完成としないと、いつまでも描けてしまいます。

 

・【絵の修正が終わらないなぜ】③絵の修正を終わらせる【対処法】

・描く日程を決める

(だいたい)どれくらいの日にちで描くか日程を決める、例えば、ラフ、線画、色塗りなどの、工程ひとつに何日くらい時間を掛けるか決めるといいでしょう。

 

絵の修正が終わらせるためには、無制限に時間を掛けずに絵の修正が終わるように、30分、1時間とか区切って時間に制限を作るといいでしょう

 

・画面を拡大して描き過ぎない

画面を拡大して描き過ぎないすれば、早く絵の修正が終わらせられるようになるでしょう。

 

例えば、SサイズのペンタブからMかLサイズのペンタブを変えて見ると、手首、腕が疲れにくく絵を描き易く修正がちょっとになるでしょう。

また、新しいペンタブは筆圧感知が良いので古いペンタブに紙をしくよりも、新しいペンタブを購入するほうがはるかにいいでしょう。

 

ペンの持ち方をただすと絵を描くのが楽になり、思い通りに描けますから絵の修正が終り易くなるでしょう。

 

新しいペンタブを購入する方が良いですが、とりあえずの対策として、

古いペンタブ場合はペンタブにコピー用紙などの紙をしくと、なにもしない素のままのペンタブよりはるかに描き易いです。

 

・離れて絵を見る

絵から離れて絵を見るとおかしいな部分に気づけます。

ですから絵から離れて絵を見るようにしつつ絵を描けば、絵が終わらないということは少なくなるのです。

 

上手く描けないときは、日を新ためたり時間を置いてから描くといいでしょう。集中して絵を描いてるときには、気づかなかったおかしな部分に気づけます。

 

・資料を見る

絵の修正をちょっとだけにして、結果的に早く絵の修正が終わらせるには、資料を見ればいいです。

思い通りに、上手く描けないのは資料を見てないからなので、資料を見るようにすればあとあと修正も少しになります。

なのでわからない部分は資料を見るようにしましょう。

 

修正をちょっとだけにして、絵の修正が終わらせるには、補助線を描いて絵を描くようにすれば、

絵のバランスがよくなり修正もちょっとだけになり、絵の修正が終わらないということは少なくなります。

 

絵の修正が終わらせるには、あたり描くようにしていきなり絵を描かないようにして、絵を描くようにすれば修正もちょっとですむようになります。

これらを試して見てください。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

 

今回は、『【絵の修正が終わらないなぜ】絵の修正を終わらせる【対処法11個】』というテーマの記事を書かせていただきました。

絵を描いてると絵がへんになってきて、修正を繰り返して、絵の修正が終わらせないということは往々にしてあります。

 

対処法をまとめると、

 

対処法11個

・描く日程を決める

・時間に制限を作る

・画面をアップ、拡大して描き過ぎない

・画材、機材を変えてみる

 

・ペンの持ち方をただす

・ペンタブに紙をしく

・離れて絵を見る

・時間を置いて描く

 

・資料を見る

・補助線を描く

・あたりを描く

という感じですね。

 

今回の記事が、『絵の修正が終わらせない』という悩みの解決のお役に立てれば幸いです。

それでは、次回の記事でまたお会いできたら嬉しいです!

おすすめの記事