「描きたいものがない?」絵 イラストの描きたいものの見つけ方とは?

 

こんにちは、絵描きのPPPAINTです。

 

皆さんは、絵やイラストを描いてるけど、または描きたいけど、なかなか「描きたいものがない?」ということはありませんか?

 

絵やイラストを描いていく上で「描きたいものがない」というのは、なかなか致命的なことでもあります。

 

わたしの場合は、描きたいものがありました(リアルテイストな女性画)。

 

絵やイラストを描いていく上で「描きたいもの」というのは、必要不可欠なものなんですね。

 

なので、今回は「描きたいものがない?」絵やイラストの描きたいものの見つけ方とは?というテーマでお話させていただきます。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

・①描きたいものがないのはなぜか?

・インプットが足りない

 

描きたいものがない』または『思い浮かばない』のには、先ずインプットが足りないというのがあるでしょう。

 

何かを表現するためには、インプットは必要です。わたしもわたし以外のほとんどのひとも何かしらに影響を受けて絵を描いてるからです。

 

インプットには、

 

・①イラストなどの映像によるインプット

・②小説などの言語によるインプット

 

などがあると思いますが、

 

アニメなどは、①と②の映像と言語などが組み合わさっている総合芸術です。

 

絵を描くためのインプットなら、①の映像によるインプットが一般的だと思います。

 

ですが、映像と言語の視覚や聴覚以外にも、味覚や触覚などがありますから、

 

よく食べ物の絵を描くひとなどは、自分の美味しいと思ったものや食べたいものを、描きたいという欲求があり描いているのでしょうが、

 

それは、味覚によるインプットとというのがあるでしょうね。

 

なので、映像と言語の視覚や聴覚以外でも、自分の好きなジャンルのものがあれば触れてインプットして見てくださいね。

 

・描きたいものがある場合なら

 

描きたいものがある場合は、何かしら表現したいという欲求があるので、絵描きならば、それを絵で表現する、絵を描くというようになります。

 

しかし、『表現したいという欲求があまりないと、描きたいものがない」というふうになってしまいます。

 

ですが、人間なので、絵描きでも、常に描きたい欲求があるとは限りませんよね。わたしの場合もそうだと思いますし、そうでしょう。

 

・②描きたいものがないなら

・一時的に絵を描くのをやめる

 

描きたいものがないのなら、一時的に絵を描くのをやめるというのもひとつの手ではあるでしょうね。

 

楽しく絵を描くには、無理して絵を描かないというのは大事だと思います。

 

それに絵を上手く描けないときは、一時的に絵を描くのをやめるのは、絵を上手く描くためには効果的です。

 

なぜなら、一時的に絵を描くのをやめることで、頭のなかが整理されるので、次に絵を描くときには、まえよりも絵が上手くなっているからです。

 

この効果は科学的に証明されているようですよ。

 

・描きたいものがなくても

 

今は描きたいものがなくても、たくさんインプットしてれば、いつか、またはそのうちに、猛烈に絶対、描きたくなるときがくると思います。

 

わたしの場合は、再たび絵を描くまでは、病気で何年も絵を描きたいのに描けませんでした。描きたい欲求はあったのに描けなかったんですね。

 

再たび絵を描くようになってからは、ずっと絵を描いてきてます。

 

描きたいものがない』または『思い浮かばない』場合には、漫画、アニメやイラストを見たり、小説を読んだり、五感を使ってインプットして見てください。

 

それでも、描きたいものがないなら、それは、あなたがあまり絵を描くことには、向いてないのかも知れませんね。

 

この記事に似てる他の記事は「こちら」

 

 

 

・描きたいものがない ③描きたいものの見つけ方

・好きなものを描く

 

描きたいものがない場合は、好きな絵やイラストに限らず、広いジャンルで捉えて、好きなものを描くといいでしょう。前者は、好きな絵やイラストの模写、

 

後者は、例えば、自然が好きなら自然の風景画や背景画を描くと言う感じです。

 

・自分の描きたい絵を持つ

 

自分の描きたい絵を持つと、明確な目標ができるので、描きたいものがないことへの対策になりますし、

 

自分の描きたい明確な目標(絵)ができるので、絵がメキメキ上手くなります。

 

わたしもある程度描きたい絵があったので、それなりに上手くなりました。

 

わたしの場合は、女性画を描きたかったのですが、アカデミックな絵画などの影響を受けました。

 

・アナログかデジタルのどちらか

 

描きたいものがない場合、アナログかデジタルのどちらで描きたいか決めると良いと思います。

 

いわゆる絵画が描きたいならアナログ、現代のいわゆるイラストを描きたいならデジタルという感じにです。

 

もちろん、イラストでもアナログのイラストもありますが、現代のいわゆるイラストはデジタルだと思います。

 

わたしの場合は、絵画が好きなので、最初はアナログで描いてましたが、徐々にデジタルでよく描くようになりました。

 

最初は絵画を描きたかったけど、デジタルで描くようになって、徐々にイラストに移行して行ったと言う感じでしょうか。

 

デジタルで描くようになってからは、前ほど、あまりアナログで描かなくなりました。デジタルで描くようになると、アナログでも描いてというように、

 

どちらもまんべんなくアナログとデジタル両方で描くのを両立するのは難しいかも知れませんね。

 

どちらかに偏ってくると思いますし、わたしが実際にそうですから。

 

個人差はあると思いますが。

 

「アナログかデジタル」についての記事は「こちら」

 

 

・人物画か風景画のどちらか

 

描きたいものがなくても、人物画か風景画のどちらを描きたいのかを決めることで描きたいものが見つかるかも知れませんね。

 

人物画なら、リアルテイストなのか、漫画やアニメのキャラクターなのかなどですね。キャラクターなら、よりデフォルメされたチビキャラなのかなどです。

 

風景画なら、幻想的な風景画なのか現実的な風景画(実際にありそうな)なのかなどですね。

 

わたしの場合は、アカデミックな絵画に影響を受けて、リアルテイストな人物画を描きますし、漫画やアニメ風のキャラクターも描きます。

 

・テーマを決める

 

自分の描きたいものが、人物画か風景画のどちらか決まったら、絵のテーマを決めましょう。

 

人物画なら

「誰が」「何をしていて」「見た人にどのように感じてほしいのか」

 

風景画なら

「何が」「どうなってて」「見た人にどのように感じてほしいのか」

 

というようにして決めるといいでしょう。

 

こうすることで『描きたいもの』が明確になり、絵が描けるようになるでしょう。

 

まとめ

 

いかかがだったでしょうか?

 

今回は「描きたいものがない?」絵やイラストの描きたいものの見つけ方とは?というテーマでお話させていただきました。

 

まとめると、

 

・①描きたいものがないのはなぜか?

・インプットが足りない

・描きたいものがあって

人間なので、絵描きでも、常に描きたい欲求があるとは限らない

 

・②描きたいものがないなら

・一時的に絵を描くのをやめる

一時的に絵を描くのをやめるのは、絵を上手く描くためにも効果的

 

・描きたいものがなくても

今は描きたいものがなくても、たくさんインプットしてれば、描きたくなるときがくる

 

・③描きたいものの見つけ方

・好きなものを描く

・自分の描きたい絵を持つ

自分の描きたい明確な目標(絵)ができるので、絵がメキメキ上手くなる

 

・アナログかデジタルのどちらか

 

・人物画か風景画のどちらか

人物画なら、リアルテイストなのか、漫画やアニメのキャラクターなのか

 

・テーマを決める

人物画なら
「誰が」「何をしていて」「見た人にどのように感じてほしいのか」

 

風景画なら
「何が」「どうなってて」「見た人にどのように感じてほしいのか」

 

という感じでしょうか。

 

この記事が『描きたいものがない』とお悩みの絵描きさんの手助けにちょっとでもなれたら幸いです。

 

それでは、次の記事でまたお会いできたら嬉しいです!

 

さようなら!

 

おすすめの記事