【デジタルイラストのメリット、デメリット】に何があるのか?

こんにちは、絵描きのpppaintです。

皆さんは、アナログとデジタルどちらで描きますか?

アナログで描く場合とデジタルで描く場合は、感覚的な面でも多少違います。

 

もっと分かり易い違いとして、ナログとデジタルで描く場合のメリット、デメリットの違い」があります。

ということで今回は『デジタルイラストの【メリット、デメリット】に何があるのか?』ということについての記事を一緒に見ていきたいと思います。

それでは、一緒に見ていきましょう。

・①デジタルイラストの「メリット」デメリット

簡単にシェアできる

デジタルイラストのメリットに、簡単にSNSなどのネットにシェアできることがあげらます。アナログだと作品をデジタル化しないといけません。

デジタルイラストには、カメラで撮影せずに簡単に、画像を保存できるというメリットがあります。

 

デジタルイラストでは、簡単に作品を仕上げとして画像加工することができますので、作品の見栄えを簡単によくできます。

デジタルの作品では、アナログの作品と違いデジタルなので、スペースを取らないというメリットがあります。

 

作品が劣化しない

アナログイラストと違いデジタルイラストなので、作品が劣化しないというメリットがあります。

アナログでは、紙に鉛筆などだときつい姿勢を強いらますが、デジタルイラストでは、

スマホ、ペンタブなら楽な姿勢を保てつことができるというメリットがあります。

デジタルイラストのメリットに、アナログと違い机、手が汚れないことがあります。

 

・レイヤー分けできる

アナログなら色が混ざってしまいますが、デジタルならレイヤー分けすることで、色を混ざらなくできます。

 

・画材が使いたい放題

デジタルイラストならアナログと違って、画材が使いたい放題というメリットがあります。追加でダウンロードすれば、もっと使うことができます。

デジタルには、アナログと違い、アナログ的なテクニックを必要としないので、色塗りが楽というメリットがあげられます。

 

修正が簡単

アナログでは修正が難しい作品でも、デジタルイラストなら作品の修正が、非常に簡単だというメリットがあげられます。

アナログと違いデジタルでは「やり直す」と「元に戻す」(redo and undo)があるので、何度でも描き直すことができます。

また、デジタルイラストならアナログと違って、作品をわざわざ乾かさなくても、いいですから楽でいいですね。

 

デジタルにはデジタルらしいメリットがありました。

作品がスペースを取らないし、劣化しないし、わざわざカメラで撮影する、手間を省けるのは、大きなメリットだと思います。

何度でも描き直せることは、アナログで思いきって描けない人には嬉しいメリットだと思います。

・ ②デジタルイラストのメリット「デメリット」

デジタルにもいくつかデメリットがあります。

・データが破損する恐れがある

デジタルイラストでは、アナログと違って、作品のデータが破損する恐れがあるというデメリットがあります。

また、アナログと違いデジタルイラストは、ブルーライトなので、非常に眼に悪いです。

画面の明るさを下げたり、ブルーライトカットモードなどにして工夫しないと眼に悪いです。

ブルーライトカットメガネも必要ですね。

 

・費用が掛かる

デジタルイラストを始めるためには、アナログよりかは、初期費用が多少掛かかる場合があります。

スマホなら持ってる、スマホで始められるので費用は、ペンくらいですみます。

 

パソコンで描く場合は、パソコンを持ってないならパソコンを購入する必要がありますし、ペンタブも必要ですので初期費用が掛かるデメリットがあります。

デジタルでは電力がないと描けないという、デメリットもありますね。

 

線画が難しい

デジタルイラストだとアナログと比べて、慣れないうちは特に、線画が難しいです。ペンタブだと特に、紙に鉛筆で描く感じとはだいぶ違います。

スマホ、タブレット、液タブなら画面に直接描画するのでアナログにまだ近い感じです。

 

また、スマホは横になって描けますが、タブレット、液タブだときつい姿勢で疲れます。

液タブはペンタブに比べ姿勢がきついし、眼に悪いです。

 

・操作を覚えないといけない

デジタルイラストでは、デジタルのペイントソフトの操作を覚えないといけないです。

パソコンを使ったことがなくて、パソコンで描き始めるならパソコンの使い方も覚えないといけませんのでそれはデメリットかも知れません。

 

・アナログで描けなくなる

デジタルでばっかり描いてると、アナログで描けなくなるという可能性はあるかも知れません。描けなくならなくても、描く機会は減ります。

なのでアナログとデジタルを両立するのにはデメリットですね。

デジタルイラストでは、アナログほどに勢いで描けないです。あくまでも機械を通しての作業なので、それはデメリットになるのかも知れません。

 

デジタルイラストにもデメリットがいくつかありました。

スペースを取らない分、データが破損する恐れがありますし、始めるには費用が掛かる場合もありますし、眼に悪いです。

デジタルイラスト初心者には特に、線画は難しいと思います。

・デジタルイラストのメリット、デメリット ③アナログの「メリット」

データ破損の恐れなし

アナログではデジタルイラストと違って、データ破損の恐れがないのは、メリットかも知れません。

 

唯一無二の作品ができる

デジタルと違い、唯一無二の作品ができるというメリットがあります。例えば、唯一無二の作品として展示できたり、プレゼントできます。

 

・眼にいい

アナログはブルーライトではないので、眼にいいというメリットがあります。

また、デジタルと違ってアナログでは、電力がなくても描けるというメリットがあります。

 

・画材によっては作品が早く完成する

デジタルイラストと違って、画材によっては作品が早く完成します。

また、線画はデジタルで描くよりも、アナログで描いた方がはるかに楽です。

また、線画を描くのが非常に楽です。

アナログなら、機械、ペイントソフトの操作を覚えなくていいというメリットがあります。

 

・勢いで描ける

勢いで描くことが可能です。例えば、線画をデジタルでアナログほどに勢いで描くのは難しいです。

勢いで描けるのはアナログのメリットだと思います。

 

アナログだとデータ破損の恐れもなく、唯一無二の原画作品ができます。電力がなくても描けて、目にいいし、線画も楽で、勢いで描けるのがメリットです。

アナログはむかしからあるので、デジタルに比べれば地味で、昔ながらのメリットですね。

 

「デジタルとアナログで絵が変わる」ことについてはこちら

 

・デジタルイラストのメリット、デメリット ④アナログの「デメリット」

簡単にシェアできない

アナログでは簡単にSNSなどのネットに、シェアできないというデメリットがあります。

デジタルイラスト違って、簡単に画像を保存できないので、カメラで撮影する手間が掛かるデメリットがあります。

画像加工もしにくいです。画像加工する場合は、アナログでも作品をデジタル化しないといけないです。

 

また、スペースを取ります。カンヴァスだと余計にスペースを取ります。

また、保存の仕方によっては、作品が劣化する可能性があります。

 

・姿勢がきつい

アナログだと机に紙を置いて描く場合は、姿勢がきついのがデメリットです。

また、机、手が汚れるのがデメリットです。

 

・継続的に費用がかかる

画材をよく使い切る場合は、アナログでは継続的に費用がかかります。

 

・画材を入手する必要がある

デジタルみたいにボタンを、押せばいいわけではないので、

アナログでは実際に画材を入手する必要がありますから、デジタルと比べると手間と費用が掛かるのがデメリットです。

また、アナログではデジタルみたいなレイヤーという概念がないので、レイヤー分けできないので、乾かさなかったりすると色が混ざります。

 

・色塗りが大変

アナログだと色鉛筆などの線で塗っていく作業の場合は、

色塗りが非常に面倒で大変ですし、液体系の画材は、色が混ざったりするので、乾かしたりと大変です。

 

修正が難しい

アナログは画材によっては、修正が難しいですし、不可能な場合が往々にしてあります。

ボタンを押すだけで、戻って描き直せないのでそれがデメリットです。

また、画材の特性を覚えないといけないです。でないと作品の仕上がりにも影響し、作品の保存にも影響します。

 

アナログのデメリットはデジタルと相反する内容でした。

作品がスペースを取りますし、劣化しますし、簡単に画像を保存できないです。デジタルでは簡単に描き直せるのも、描き直せないです。

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

今回は【デジタルイラストのメリット、デメリット】に何があるのか?』ということについての記事を一緒に見てきました。

アナログとデジタルだとメリット、デメリットが相反する内容となってました。

基本的にデジタルでできることが、アナログではできないという感じで、逆も然りです。

この記事がこれからデジタルイラストを始めるか否かの、参考にちょっとでもなれたら幸いです。

それでは、次回の記事でまたお会いできたら嬉しいです!

それではまた!

おすすめの記事