【疲れるイラストを描くことが!】《イラスト疲れの対策法18選!》

   ↑
← ◎今すぐ画像をクリック!!

 

こんにちは、絵描きのPPPAINTです!

 

皆さんは、絵やイラストを描いてると、

 

イラストに疲れる」なんてことはありませんか?

 

イラストは、結構、集中力も入りますし、体力も入ります。

 

また、イラストを制作する時間も掛かります。

 

なので、今回は【疲れるイラストを描くことが!】《イラスト疲れの対策法18選!》

 

というテーマでお話しさせていただきます。

 

それでは、一緒に見ていきましょう。

 

・【疲れるイラストを描くことが!】①今描いてる画材に慣れてない

・デジタルイラストに慣れてない

 

イラストに疲れる場合、

 

デジタルイラストを描いてるなら、イラストが疲れる原因は、デジタルイラストを描くことに、まだ慣れてないというのがあるかも知れませんね。

 

なので、先ず、デジタルイラスト慣れる必要があります。

 

基本的に、画材の使用期間=画材の習熟度です。

 

実は、わたしもデジタルイラストは、デジタルでイラストを描くのに慣れるまで、

 

あまりデジタルでイラストを描くのは好きではありませんでした。

 

今まで、アナログでイラストを描いてきて、デジタルでイラストを描くようになると、

 

慣れるまでに多少時間が掛かります。

 

わたしもそうでした。

 

なので、根気よくデジタルイラストに触れて見てください。

 

画材の使用期間=画材の習熟度(画材の慣れ度)ですから。

 

・イラスト制作の負担を減らす

 

また、イラストを疲れないためには、デジタルで描く場合は、

 

・新しいペンタブに替える(ペンタブはサイズが大きい方がいい)

 

古いペンタブは、筆圧感知が鈍いので、

 

新しいペンタブに替えると、描き易さや描き心地が全く違いますので、イラストが疲れません。

 

また、最近では、コスパに優れた中華ペンタブレットがあります。

 

・手袋

 

パソコンを使って、ペンタブで描く場合には、

 

手袋がある方が手がスムーズに動き易くて、イラストが疲れずに、ペンタブも汚れないので手袋はある方がいいでしょう。

 

わたしも手袋を使ってからの方が描き易く手や腕が疲れません。

 

・有料のペイントソフト

 

無料のペイントソフトの場合は、いろいろ機能が限られてるので、

 

有料のペイントソフトを使うのがいいでしょう。

 

ClipStudioは、定番のペイントソフトですね。

 

わたしClipStudioを使ってますよ。

 

・高性能のパソコン

 

パソコンでイラストを描く場合は、高性能のパソコンの方が制作がスムーズなので、イラストが疲れません。

 

パソコンでイラストを描くためには、パソコンの性能はSSDで物理メモリが8GBくらいからがいいです。

 

また、CPUも性能がいい方がいいでしょう。

 

ClipStudioでは、CPUの性能をそんなに求めないですが、

 

PhotoShopで描く場合は、パソコンの性能はSSDで物理メモリ16GBでCPUの性能も結構要求します。

 

また、PhotoShopだと、グラフィックカードというものも必要の可能性があります。

 

グラフィックカードがないと、PhotoShopでイラストを描けないかも知れません。

 

などがあるといいでしょう。

 

・線画をアナログで描く

 

イラストが疲れる場合、原因にデジタルで線画を描いてることがあるかも知れません。

 

そういう場合、線画をデジタルで上手く描けないうちは、

 

アナログで線画を描いて、線画をイラストソフトやアプリに取り込むといいでしょう。

 

・パソコンやスマホで描くと姿勢が疲れない

 

姿勢的には、タブレットはうつむき気味になると首が痛くなるので、

 

ペンタブにパソコンやスマホの方が疲れないでしょう。

 

パソコンだと、ペンタブの場合ならノートパソコンでもあまりうつむき気味にならないですし、

 

スマホなら寝ながら、イラストを描けますから、イラストが疲れません。

 

パソコンだと本格的に思えそうですが、スマホなら誰でも持ってますし。

 

ですが、実は、パソコンだと、一般的には画面の縦横比は、16:9でモニターの解像度は、1920×1080ですので、

 

一般的なパソコンよりもスマホの方が解像度は高いんですよ。

 

なので、パソコンでなくスマホでデジタルイラストを描くのもまんざらでもありません。

 

スマホのイラストアプリでもプロ使用のClipStudioというアプリがリリースされてますし。

 

・ペンを使う

 

また、スマホやタブレットで描く場合、ペンを使う方が絶対に描き易いので、イラストが疲れません。

 

わたしもペンでイラストを描いてますよ。

 

「イラストのスマホアプリ」については「こちら」

 

 

・【疲れるイラストを描くことが!】②資料を見て描いてないから

・人間の記憶は結構あいまい

 

人間の記憶は結構あいまいで、見たばかりのものでも、見たものから眼を離すと、

 

すぐに、記憶がぼやけてあいまいになるんですね。

 

なので、資料を見た方がイラストが上手くなるし、効率よく描けるので、

 

イラストを描くのに疲れないし、結果的にも疲れないです。

 

なので、わたしも資料を見て描きます。

 

イラストの資料に使える「ドローイングサイトやポージングアプリ」に関しては「こちら」

 

 

・【疲れるイラストを描くことが!】③あまり好きでもないもの描いてるから

・デッサンやイラストの練習で疲れる

 

デッサンやイラストの練習で、好きでもないもの、あまり描いてて楽しくないものを、

 

ずっと我慢して描いてるから、イラストを描くのが疲れるんです。

 

例えば、顔のないクッキーのようなポーズの練習ばかり、描いてるというのもあるかも知れません。

 

人物画やキャラクターを描く人の場合、顔を描くのがおそらく一番楽しいですから。

 

また、デッサンなどでは、あまり興味ないモチーフを描くことが多いです。

 

なので、もうちょっと、好きなイラストを描いてもいいです(顔を含めたイラスト)。

 

それと、同時にデッサンやイラストの練習もするといいのではないでしょうか。

 

この記事と同じテーマの記事は「こちら」

 

 

・あまり好きでもないもの描いてるから

 

例えば、あまり好きでもないけど、人気があるから二次創作をしてるとかがあるかも知れません。それも二次創作をメインでとか。

 

本当は、自分のオリジナルイラストを描きたいのに、

 

我慢して、それも二次創作をメインで描いてると(SNSやネットにアップするために)、イラストに疲れます。

 

・【疲れるイラストを描くことが!】④練習方法を改める

・練習方法が間違ってる可能性がある

 

なかなかイラストが上達しないので、イラストが疲れたのかも知れません。

 

それには、イラストの練習方法が間違ってる可能性があります。

 

なかなかイラストが上達しないので、イラストの練習に疲れたら、

 

PDCA(効率よく上達する学習方法)というものを試すといいでしょう。

 

PDCAサイクルとは、

 

P(plan) = 計画を作成する
D(do) = 計画を実践する
C(check) = 行動を評価する
A(act) = 改善して、次につなげる

 

というものです。

 

何かをするときに、効果的、効率的に結果を出せる方法です。

 

なかなかイラストが上達しないのには、

 

先ず、イラストを描こうとするのがP(plan) にあたり、それを実行してイラストを描くことD(do) まで出来てますが、

 

この先のC(check) = 行動を評価する

 

 

A(act) = 改善して、次につなげる

 

が出来てないので、なかなかイラストが上達しないのですね。

 

わたしは、PDCAサイクルというものを知らないときも、

 

この部分が出来たので、まだまだですが、イラストが上手くなったのだと思います。

 

・【疲れるイラストを描くことが!】⑤イラストに集中できないなら

・休憩を挟む

 

イラストが疲れる場合、イラストを制作の途中に、5分などの休憩を挟むといいでしょう。

 

作業ごとに、休憩時間を設けると、作業効率が上がり、集中力も持続させ易くなるます。

 

こういうものに、「ポモドーロ・テクニック」というものがあります。

 

ポモドーロ・テクニックとは、より集中力を持たせて、生産性をより高めるための時間の活用術です。

 

ポモドーロ・テクニックの詳細は、

 

25分の作業ごとに、毎回5分の休憩をはさんで、1ポモドーロし、4ポモドーロ(合計1時間40分)の作業を完了したら、

 

ポモドーロ毎回5分休憩(計20分休憩)+で合計2時間です。

 

そして、その後に15分〜30分間の休憩も取り、それを毎回、繰り返すという感じでしょうか。

 

もうちょっと、分かりやすく書くと、

 

・ポモドーロ・テクニックの概要(合計時間)

 

4ポモドーロ(1時間40分作業)+毎回5分休憩(20分休憩)+長めの休憩(15分〜30分休憩)

 

という感じです。

 

集中力などは、人によりけりなので、

 

25分の作業に毎回5分の休憩が基本ですが、もっと長く集中できるひとは、もうちょっと、長めに設定するのもいいでしょう。

 

また、集中できる時間は作業内容にもよると思います。

 

このポモドーロ・テクニックを実践することができる、アプリがリリースされてますので、アプリストアでご覧ください。

 

・【疲れるイラストを描くことが!】⑥イラストを描き続けるためには

・同時並行で描く

 

デジタルなら同時並行で何枚でも描くことができるので、

 

イラストに飽きて疲れないで、描き続けるためには、試してもいい方法なのではないでしょうか。

 

わたしもそのようにしてますよ。

 

・一時的に描くのをやめる

 

イラストに疲れたなら、一時的にイラストを描くのをやめるのもありでしょう。

 

無理して、イラストを描き続けても、いいイラストは描けないでしょう。

 

それに、一時的にイラストを描くのをやめると、

 

まえよりもイラストが上手くなる可能性があります。

 

なぜなら、一時的にイラストを描くのをやめることで、

 

頭のなかが整理されるからです。

 

この効果は、イラストに限ぎったことでないですし、科学的にも証明されてるようです。

 

この原理は、描いてるときにには、そのイラストのおかしいところが分からなかったものが、

 

ちょっと時間を置いてからだと、そのイラストのおかしいところに、気づけるのと似てますし同じでしょう。

 

・【疲れるイラストを描くことが!】⑦バランスが取れないなら

・いきなり描き込むから

 

イラストを描くのが疲れるのは、「あたり」というものを描かずに、

 

いきなり細部を描き込むからというのあるでしょう。

 

あらかじめ、「あたり」というもので、イラストのバランスを取って、徐々に、イラストを描き込まないと、

 

イラストをあとから、余計に修正したりしないといけなくなります。

 

なので、結果的にイラストを描くことが疲れるのですね。

 

・補助線を描く

 

あたりには、例えば、

 

顔のバランスを取り易くするために、眼の高さに水平の補助線を描くのと、

 

鼻の位置を真ん中に持ってくるようにする垂直の線があります。

 

こうすることで、イラストのバランスが取り易くなり、イラストが疲れることも減るのではないでしょうか。

 

わたしもあたりを描くように心掛けてます。

 

まとめ

 

今回は【疲れるイラストを描くことが!】《イラスト疲れの対策法18選!》

 

というテーマでお話しさせていただきました。

 

まとめると、

 

・①今描いてる画材に慣れてない

・デジタルイラストに慣れる

画材の使用期間=画材の習熟度

 

・イラスト制作の負担を減らす

・新しいペンタブに替える(ペンタブはサイズが大きい方がいい)

 

・手袋

・有料のペイントソフトを使う

ClipStudioは、定番のペイントソフト

 

・高性能のパソコン

パソコンでイラストを描くためには

パソコンの性能はSSDで物理メモリが8GBくらいからがいい

また、CPUも性能がいい方がいい

グラフィックボードも必要の可能性

 

・線画をアナログで描く

・パソコンやスマホで描くと姿勢が疲れない

・ペンを使う

 

・②資料を見て描いてないから

・資料を見る

 

・③あまり好きでもないもの描いてるから

・好きなイラストを描く(顔のないポーズばかりでなく、顔を含めたイラストを描く)

・自分のオリジナルイラストも描く

 

・④練習方法を改める

・練習方法が間違ってる可能性がある

PDCAサイクルとは、

P(plan) = 計画を作成する
D(do) = 計画を実践する
C(check) = 行動を評価する
A(act) = 改善して、次につなげる

 

なかなかイラストが上達しないのには、

C(check) = 行動を評価する

A(act) = 改善して、次につなげる

してないから

 

・⑤イラストに集中できないなら

・休憩を挟む

「ポモドーロ・テクニック」をする

 

・ポモドーロ・テクニックの概要(合計時間)

4ポモドーロ(1時間40分作業)+毎回5分休憩(20分休憩)+長めの休憩(15分〜30分休憩)

 

・⑥イラストを描き続けるためには

・同時並行で描く

・一時的に描くのをやめる

 

・⑦バランスが取れないなら

・あたりを描く

・補助線を描く

眼の高さに水平の補助線

鼻の位置を真ん中にする垂直の補助線

 

という感じでしょうか。

 

今回は、ここまでとさせていただきます。

 

それでは、次回の記事でまたお会しましょう!

 

さようなら!

 

   
← ◎今すぐ画像をクリック!!

おすすめの記事